« プチ速報 | トップページ | ふたたび 三農、馬術部 »

2008年10月27日 (月)

08 みちのくYOSAKOIまつり⑫

ちょっと強引だがこの回でみちよさのネタは終わらせたいマニエルです
もう2週間引っ張ってるし充分でしょ(^^;

というわけで、無理やり詰め込んだら長くなっちゃったんで
日付も変わっちゃったw

はいそういうわけでみちYOSA日記コレにて完結です

今年のYOSAKOIシーズンも一応ひと段落ですね
早くも来年が待ち遠しいです(^^;;

みちYOSA2日目(10/12)

錦町公園での審査を全ブロック見届けて、ここから先はようやく
自由行動スタート!!

ずっとステージ式ばっかり見てきたので、やっぱパレード形式見に行く
しかないでしょ ってことで定禅寺通りへ
パレードはパレードなんですが、固定スピーカーなのがちょっと残念かな
やっぱパレードは地方車のが良いな なんて思っております
オイラはココのロケーションはキライじゃないんですけどね

2008_10120328 2008_10120330

パレードコースは、かなり混んでましたね 去年よりお客さん多かったかも
ステージ会場とは距離感が全然違う、ステージではそんなによく見えなかった
チームが凄く良く見えたり、学生チームなんかは軒並みそんなタイプですね
パレードのほうがエネルギー感じます・・もちろんその逆もあって、ステージでは
良かったけどパレードはイマイチなところもあったりで・・・面白いね
ステージ、パレード両方で強いチームがホントに強いチームなんでしょね
時間的にちょっと合わなくて見れなかったんですけど、この会場最後の方には
高知系のチームがいくつか固まってたみたいなんで見たかったなぁ

あ、そうそうMr.Childrenさんとやっとこの会場で会えました(^^;

パレードで何チームか見た後、一度、一番町商店街の方に行ってみたが
まだ演舞開始前だったので、勾当台公園へ
自由行動になったとたんに忙しく動きまわるオイラ(^^;;

この時間はファイナルコンテスト始まるまでの空き時間だったので
事前にな~んにも予定立ててなかったんですよね

ここで初めて見たチームは東山道三蔵、といっても演舞の途中からしか見て
ないんですけどね、 和装が本格的なチーム、しかも花魁道中を思わせる
ような花組が登場してました(^^;; あのチームを意識してるんだろうなぁ・・・
んでも、そんなに悪くはなかったと思います
審査に出てなくても面白そうなチーム まだまだいっぱいありますね
華風舞・・は秋田のチーム たまたま居合わせたわげもん兄妹が新曲だと
騒いでた 写○ックさんは見逃してしまったと悔しがってた(^^;
紫がイメージカラーなのかな イキのいいソーラン節を披露 小旗も舞って
ましたね 新曲らしいですが、踊り込んで精度が上がってくるとなかなか
よくなるかもしれませんね
赤鬼さんが厳しいコメントしていた馬花道ジュニアは、ここでは錦町公園
よりはずいぶん良かったかな ちょっと手痛いミスもありましたけどね
よさこい走乱白石城もなかなか元気で良いチームですね、人数はまぁ
そこそこですけど 頑張ってました あの旗がけっこう好きです

時間も良い頃になってきたのでファイナルコンテストの場所取りをするべく
市民広場へ移動 桟敷に上がってみたらもうずいぶん席が埋まってた(^^;
15:00~18:00の幅広い時間帯だったからね
オイラずいぶんあちこち寄り道して席に入ったの16:30ぐらいだったハズ

個人的にはファイナルを別枠にしてないのは好感持てます(^^)
ファイナルの枠だけどど~んと高額に設定してるんじゃなくて、あくまでも
その時間帯の中の1コーナー。 だから、もちろんファイナル終わった後も
通常演舞は続く  ファイナルだけがすべてじゃないっていう姿勢だと思う
というか、そう思いたい(^^;;
(実際は遠征チームの帰りの時間を考慮して・・ということもあるんだろうけど)
メインイベントではなく、あくまでもブロック審査を勝ち進んだチームが続く
コーナー っていうね そんな感じでいいのかなって思います

ファイナルの直前に酔楽天が踊ってましたね もしファイナル行ってたら
2回連続ってのもありえたのかも?

もちろん他の会場では通常演舞進行中でしたが
オイラはウォッチャーとしてファイナルは見届けなきゃね
ということで、ファイナルコンテスト編
一度ブロック審査のところで触れているので、ざっくりと順番だけ紹介

審査員は仙台の偉いさんだったり、スポンサーの方だったり・・・で
けっこう素人目線から審査してるみたいですね 
YOSAKOIに詳しそうなのは、うつYOSAをひろめる会の会長さん
ぐらいのもんでしょうかね(^^; 全部で8人かな ここには一般審査員はナシ

そうそうBBっといー東北でネット配信もされてるんで
環境の整ってる人は是非 改めてみてみるといいかも

夜宵(愛知)
やっぱ何度見ても作り方上手いわ TOP3に入ってもおかしくなかったと思う
ヴァイア(北海道)
この作品、みちのくだけで封印は絶対勿体無いと思う(^^;
海童いしゃり(宮城)
見たか これぞ東北のロートルパワー!(^^; 踊りは年齢じゃない 
常陸國大子連(茨城)
このチームに出会えたことは みちよさでの大きな収穫  曲大好きです
舞夢華幻(山形)
二年連続のファイナル出場で まぐれではない事を証明 貫禄さえ出てきました
とわだ.馬花道(青森県)
新たな可能性を感じました。 ここがゴールではないハズ 奇跡を起こせ
北翔大学(北海道)
学生チームにとっての鬼門を見事突破 2年連続ファイナル エナジー・・・感じました
ケイ・ダンシングカンパニー
このメンツの中では異色なスタイルがらも、圧倒的なダンス力で客を魅了


AOMORI花嵐桜組
無審査でのファイナルシードだったためにみちよさで花嵐の演舞を見るのは
ココが初だったりする(^^; 人気絶大 登場しただけで会場のあちこちから
声援やら拍手やら・・ 最初からお客さんを味方につけてました
演舞も素晴らしかった。 演舞が終わった瞬間の客の反応で
あ、こりゃ今年も金賞獲ったな~と思いましたよ ハイ


昨日の花嵐桜組特番・・・『情熱大陸inきゃさりん』みたいな番組見ましたけど
作品に取り組む姿勢がハンパないっす・・・ 強いのもファンが多いのも
納得です 東北にココを越えられるチームが出るのはいつだろう?
逆にオイラちょっと凹んでしまいました 作品に込められた想い・・・
半分ぐらいしか感じ取れていなかったなぁ まだまだ修行が足りませんm(__)m

ファイナルのあと結果が出るまで一時間以上時間があったので、ふたたび
桟敷席を降りてあちこち移動(^^; まだ見ぬめっけもんチームを求めて
あっちへフラフラこっちへフラフラ

とりあえず勾当台公園に行きまして、一度は見てるけどもう一回見ておきたかった
福島学院大、Gush、馬花道、華舞斗を見たのがココでした
何度か踊ってるということもあるし、審査が終わったということもあってか
錦町公園で見たのよりもいい演舞してんのよ どのチームもさ(^^)
お祭りがフィナーレに近づくに連れて、去りゆく今年のYOSAKOIシーズン
との別れを惜しむかのように心から踊りを楽しんでるような、そんな気がしました
2008_10120347 2008_10120341

その後、フラフラ~っと行って覗いてみたのが一番町商店街会場
こんなに踊り子さんとの距離が近い会場って他の祭りでもなかなか
ないんじゃないかな~ ってぐらい近い! 
花嵐が目の前50センチで踊ってます 大迫力
ここでは、紅翔連、Gruff、日本福祉大学夢人党、花嵐桜組を間近で拝見
破天荒・・の時は たまたま近くにいた ユウ さんと話し込んでいましたとさw

花嵐まで見たところでイイ時間になったので再び市民広場へ戻って桟敷席へ(^^;

空席がなくて困っていたら、よさ好きおばちゃんに席譲ってもらっちゃった
ありがとうございま~す

ここでは、あさか野YOSAKOI王舞神もう一回見れちゃった(^^) ラッキー
スンゲー激戦ブロックだったからファイナルには出れなかったけど、ファイナル
よりも後、かなり深い時間でのステージ演舞 ステキでした
見れないかな~と思っていた幻夢伝もココで見れました 東北屈指の名チーム
うん、審査受けてなくてもスンゲーいいチームもまだまだ居ます
これだからみちYOSA面白いんだなぁ~
花嵐の大賞受賞演舞のあとは、最後の最後の総踊り
みなさん心の底から楽しまれたんではないでしょうか  

これまで審査をしてこなかった歴史の中で、ちゃんとお客さんの目は
育っていたようで、自分なりの評価を大事にする人が多かった気がします
ファイナルの時、オイラの周りには勝手に審査員ごっこしながら点数書き込んで
いる人が何人か居ました  ・・・ マニエル予備軍(笑)
でもね、これってすごく大事なことで、大会本部に選出された審査員が出す
審査結果とは別に、ちゃんと自分の目で見た自分だけの結果を持ってるって事
もちろん、ファイナルに出れなかったチームや、審査受けなかったチームに
対しての声援や反応なんかを見ても、仙台のお客さんってちゃんとした目を
持ってますね(^^)  。勝とうが負けようが審査対象だろうがなかろうがお客さん
はちゃんと見てます。 チームの皆さんは堂々と胸張っていつもどおりの演舞
しちゃってください(^^)

あ、もちろんオイラも一応自分なりの順位みたいなモンはありますけど
今回は公表しないでおきますね。  あくまでもオイラの感性で決めたもん
だからね。 これまで書いてきた講評だってマニエル的目線、赤鬼的視点
でのものですから、そんなに気にしなくてもいいかと思います
一般人からみた感想のひとつ ぐらいに思っていただいてけっこうです

最後になりましたが、参加された全てのチーム、祭支えたスタッフ、
演舞を暖かく見守った全てのお客さんに感謝して 2008のみちよさレポ
を終了したいと思います(^^)   
たくさんの感動をありがとう YOSAKOI最高!   

それから・・・
最後まで長いレポに付き合ってくれた皆さんにもどうもありがとうヽ(´▽`)/



オイラのみちYOSAこれでやっと終わり_ノフ○ グッタリ


















 

|

« プチ速報 | トップページ | ふたたび 三農、馬術部 »

コメント

>Norickさん

なるほど、前年大賞は勝っても負けても基準点演舞
それならいいかもしれませんね~

どうせなら、前年大賞チームは翌年は審査からはずれる
っていう方が分かりやすくていいかも
とりあえず「連覇」だけはなくなります(^^;

投稿: マニエル | 2008年10月31日 (金) 21時21分

前年大賞チームが予選落ちしたら、ファイナルでいちばん先に基準点演舞したらいいでしょう。そうすれば暴動を避けられる\(^O^)/

敗者復活はいいね。落とすのがもったいないチームもあるだろうから。

ではでは、、、

投稿: Norick | 2008年10月29日 (水) 00時23分

>Norickさん、

動画配信はありがたいですね~
全国の人が見れるんですから(^^)

たしかに予選では波乱が多いみたいですので
面白いかもしれません

でも、あそこが出て来なかったら暴動起きそう
というか予選敗退も考えられませんけどね

オイラはファイナルシードあってもいいので、
予選は敗退チームの中から2チームぐらい
敗者復活組としてファイナルにいけるシステム
作って欲しいな~と思ってます

投稿: マニエル | 2008年10月28日 (火) 21時59分

>まさおんちゃん@海童さん、

お疲れ様でした
指摘というほどのものではございませんm(__)m

はい、若手メンバーがいらっしゃるのは承知して
おります。 いや、もしかしたらご年配の方々も
実は若手以上にパワフルなのかもしれません

来年もまたすばらしい演舞を楽しみにしています

投稿: マニエル | 2008年10月28日 (火) 21時54分

> Mr.children さん

こちらこそお会いできて良かったです(^^)
次に会えるのは・・・春フェス? 本祭?

真冬の北海道も一度行ってみたいけど・・・

投稿: マニエル | 2008年10月28日 (火) 00時29分

ども~。
動画配信を見ながら改めて読み直し楽しんでます。赤鬼さんの指摘がいいですね。表現が的確だと思います。長い間お疲れ様でした。

審査は大賞受賞チームのシードはないほうがいいと思います。ブロック審査で波乱があったほうが見るほうが面白いでしょ。
他の民放もあっちとこっちに密着取材してほしいもんです。

ではでは、、、

投稿: Norick | 2008年10月28日 (火) 00時20分

いや~~2週間、楽しませていただきました。

水沢でのマニエルさんの的確なご指摘のお陰で
ファイナル残れたと感謝しております
本当にありがとうございました。
これからもごひいきにお願いしますね。

んがっ、しかし。
うちは10代20代もいますからね、
ロートルパワーだけではござりませんぞ!

来年はキビ団子を用意して
赤鬼さんにも色々とご指導頂かなくては…

投稿: まさおんちゃん@海童 | 2008年10月27日 (月) 23時06分

お会いできて良かったです(^^ゞ

堪能させてもらいましたm(__)m。マニさんのような方が書く・感想にとすれば

解り易い!

またお会いできるのを楽しみにしております。

投稿: Mr.children | 2008年10月27日 (月) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08 みちのくYOSAKOIまつり⑫:

« プチ速報 | トップページ | ふたたび 三農、馬術部 »