« 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会① | トップページ | 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会③ »

2008年9月10日 (水)

第6回 YOSAKOIソーラン道南大会②

にゃろ~ マニエルめ、また深夜の更新かよ!

すんませんね、基本 夜行性なもんで(^^;


最近スカパーでやってるアニメ版の「のだめカンタービレ」
がついつい気になって毎日見ております
こうゆうの見てるとちょっとクラシックも聞いて見たくなっちゃいますね
つくづく単純なヤツだな 自分 

はい、だいぶ経っちゃってますけど 道南大会のネタその2

んでは、さっそく続きいっちゃいましょうかね

2008_08310378 2008_08310383 2008_08310387
津軽もつけんど蒼天飛龍 は、堂々の道南凱旋 まぁ実際には故郷ではない
ですけど公式プログラムやヨッシーさんの挨拶からいくと「凱旋」ですね
オイラも、やっぱり青森のチームがアウェイで踊るとなるといつにも増して
熱い気持ちで見守ってるわけですが、こと 道南大会に関してはホームみたい
なもんですね 演舞順的にも人気チームの中でしたし
お客さんはもちろん喜んでましたけど、見てる他チームの踊り子さんからも
「すげ~なぁ~」って声が出てましたからね、ホンモノの評価でしょう
おそらくは・・もうそろそろ新曲の準備にも入ってるだろうし、もしかしたら次の
水沢あたりが飛龍轟然の見納めになっちゃうのかな?なんて思うとちょっと
寂しい気もしないでもなし  函館での演舞むっちゃ気合入ってました
VOGUE038も函館ならまばらなお客さんの中で見れます!って良い事
なんだか悪い事なんだか  オイラのようなウォッチャーさんにとってはこれほど
嬉しい条件はないですけど、踊る方にしたら萎えるだろうな(^^;;
和洋折衷のオシャレでスマートなYOSAKOI、ファンも多いです
もちろん完成度では他の追随を許さないが、インスパイアされたと思われる似た
スタイルのチームも出てきたりしてるので若干そのオリジナリティが埋もれ気味?
十分に高い評価を得ている強豪チームだが、足りないものがあるとするならば
「攻めの姿勢」でしょうか? 新琴似天舞龍神はこの前の日にも見たような
きがするなァ( ̄Д ̄;; いや気のせいじゃないかも
本祭での150人編成でのめくるめく壮大な群舞絵巻も素敵ですが、オイラは実は
コレぐらいの人数で距離感感じながら見る天舞も好きだったりします
遠くからステージを眺めてる時にはあまり気がつかないんですけど、踊り子さんの
一人ひとりの声だったり息づかいだったり、「動」を感じられるんで
ヤッショ~マカショッ!のトコとかね 好きですよ (・∀・)イイ!

2008_08310388 2008_08310392 2008_08310393
函館学生連合~息吹~は、学生らしくスピード感のある俊敏な動きが
特徴でしょうか それだけに全体的に軽く流れてしまってるのが勿体無
いところでもあるかな 構成をもう一練りしてみるといいかも
木古内みそぎソーランはいつも春フェスに来てくれるんでオイラの脳内
YOSAKOIHDD完全にインプットされてます 踊りも丁寧だし、止める部分は
きちっと止まってるし力強さも感じられます 曲も素敵ですしね(^^) 
目立った成果は出てないけど、ずっと続いてほしい良チーム
B-flapは実際に見るのは初めてかなぁ DVDで一回ぐらいは見たことあったかな
楽しくなければ祭りじゃないをモットーに自分達が楽しむというチーム
うん、踊ってる人たち楽しそうでしたねぇ ちゃんと伝わってきました 
ということはチームとして目指すところは達成できてるってことかな
2008_08310396 2008_08310399 2008_08310409
Njamは札幌から参加、ここはホントに初見になったチームです
さすがに9人はちょっと寂しかった まぁ9人でも見せ方によっては良く見せることも
可能なんでしょうけどね とりあえず、曲がとにかく「本気会」っぽい 
だもんでどうも比べちゃうのよね いや青森ってレベル高いと思うよ ウンww
森未来人、こちらのチームは確か今年の本祭で一度目にしてるはず
大所帯のファミリーチーム、前の方に居た小さい女の子が演舞中に
後ろの方にタタタタタタって走っていったと思ったら マイクもってソーラン節
唄ってまた帰ってきた ポニョ歌ってる子・・のぞみちゃんだっけ?
よりメンコイかも オリンピックの開会式で歌わせてあげたいくらい(^^;;
函館から600キロ離れた枝幸から参加は夢想漣えさし!ヽ(´▽`)/
600キロっつったら青森から東京の手前ぐらいまで行けるんじゃね?
うん、オイラが今一番好きなソーランチーム  
この近距離でベストなアングルでじっくり楽しませていただきました!
・・・ なんも言えねぇ  (c)北島康介
ちょ、そのフトモモがセクシーすぎます ・・・でもいやらしい感じはない
やっぱココの演舞見て一番思うのは踊り子さんの声が良く出てること(^^)
人数は本祭より少なめでもしっかりパワー感じました
旗の演出もなかなかキレイでしたね~ お見事! 夢想最高
見学していた蒼天飛龍のお姉さん方も大歓声

2008_08310411 2008_08310415 2008_08310417
石狩流星海も好きなチームです ファミリーチームの良きお手本
でも、陣取った位置が悪かったなぁ太鼓部隊が終始前の方にいたので
踊り部隊はずっと遠くに(^^;せっかく近くで見れるチャンスだったのにね
でもまぁ一番前にいたちびっ子がめんこかったので許す
reinjoy、オイラの認識としては某大学チームのOBOGによるチーム
去年の本祭がデビューだったはずですが去年に比べてずいぶん人数
増えてましたね 本祭では見逃してたんでココに来て見る事が出来ました
スカッとさわやか青春ポップス系(なんだそれ) こういう系統のチームって
青森にも欲しいんだけどなかなか育たないんだよね~ 
狙い目だと思うんだけどなあ 学生に負けないぐらい若さあふれる踊りでした
舞DoCoMo・・・アレ?そういえばドコモのロゴって小文字の「docomo」に変わった
けどチーム名はこのままの表記でいいんだべかね? 
コレはこれで、もうスタイル確立しちゃってるよね 音と動きのシンクロっぷり
お見事! そのうちスターかくし芸とかでやられるようになるかも?
YOSAKOIってホントに何でもありだからいろんなスタイルがあって見てて飽きないわ
 

ここまで見たところでお昼休み休憩
30分は微妙だよなぁ

1時間あるなら どっかその辺でメシでも・・・と動けるんだけど
確保したポジションもかなり良い場所だったんでずっと居座ってた

昼休み時間中はMr.Childrenさんと雑談してましたとさ(^^)

というわけで一旦切ります

|

« 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会① | トップページ | 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会③ »

コメント

>ヨッシー@蒼天飛龍さん、

はい、一度は見に行きたいなと思ってました
第1回が始まった頃からね(^^)
今年こそはと思ってスケジュール調整したんですが、1週ズレちゃったので日帰りの強行軍に 

ここしばらく札幌本祭からは遠ざかっていた蒼天飛龍ですが
毎年道南大会には参加して太いパイプを築いていたんだな
と再認識しました
札幌ではあまり知られてなくても函館ではメジャーチーム(^^) これからも青函交流進んでいくんでしょうね

YOSAKOIって 交流であり、繋がりであり、人の輪を広げていくものだと思っています。
もしかしたら演舞内容云々よりももっと大事なコトかもしれなくて、そういうのが希薄
になっているこのご時世だからこそ生まれたムーブメントなのかも知れないなぁ~って
思うことがあります(^^)

♪それでも~人しか~愛せない じゃないけど
誰かと関わりたいと思いながら生きているんだろうなァ

投稿: マニエル | 2008年9月11日 (木) 23時35分

>Mr.children さん、

なんとなく「スタッフっぽい」のかも?

オイラYOSAKOI見てる時は不思議と
メシ食わなくても平気だったりします(^^;
どうかすれば忘れちゃってる事も…

なぜに痩せない!?

イヤ、終わった後3食分食うからだと思う アハハハ

投稿: マニエル | 2008年9月11日 (木) 23時06分

わんばんこ(^^)/
マニちゃんには、道南大会、是非見て欲しいと思ってました。札幌本祭のスケールは無いものの、有名チーム多数参加ですし。じっくり見れますし。
道南のチーム、支部の方々には本当にお世話になっておりまして…。春フェスの成功も道南支部の方々の協力無くては考えられません。
蒼天飛龍も、道南大会で踊っていたからこその今回の結果であると思ってます。道南大会は「YOSAKOIソーランとは?」っていうのが勉強できるイベントですから。
それをフォローして下さるチームの方々、支部長はじめ、実行委員会の方々のサポートがあっての結果。
俺は、いろんなチームと交流して勉強していきたいなぁって思うタイプなの。
自分のチームのことも大変ださ。けど、それもやりつつ、YOSAKOIソーランというイベントも楽しみたいと。
そういう姿勢でやってきたからこそ、協力して下さる方々もいらっしゃると思ってます。

道南大会はこれからも大事にしていきたいYOSAKOIソーランイベントです。

投稿: ヨッシー@蒼天飛龍 | 2008年9月11日 (木) 00時23分

はい(笑)

なんとなく「聞きに来る」(俺、スタッフじゃ無いんだけどぉ~!)観客さんもいて動くに動けなかった感…。

お昼はアノあと数チーム見てから通りのお店で「ねぎトロ丼」をかっぽいでメイン会場に移動しました。

とあるチームの演舞評価!
『まさに意図ズバリ!』です。

思わず…して…した(…はご勘弁)

投稿: Mr.children | 2008年9月10日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/42419840

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会②:

« 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会① | トップページ | 第6回 YOSAKOIソーラン道南大会③ »