« 08十和田秋祭り(中日) | トップページ | 奥州YOSAKOI in みずさわ 参加チーム »

2008年9月16日 (火)

戸惑いの日曜日「アパッチ砦の攻防」より

どうも、体のあちこちにガタが来ているマニエルです(^^;;
変な寝方したらしい


さて、書こう書こうと思っていながらずっと書けずにいたネタを・・
9月の頭に東京行っていくつかエンタ鑑賞してきました

そう、秋田→函館とYOSAKOIのハシゴした後、一日だけ出勤して
すぐ東京に向かった時のアレね(^^;;

●本日のお芝居
「戸惑いの日曜日 『アパッチ砦の攻防』より」 (9/2 サンシャイン劇場)

ここでも過去に何度か取り上げてます(^^; 東京ヴォードビルショーの人気公演
今回のも2年ぶり(だったはず)の再演ですから内容もわかってるし
DVDも持ってるんで、わざわざ見に行かんでも・・と言うところですが
やっぱ生と映像とじゃ違うんですよ 舞台はやっぱライブに限る

ドタバタコメディとなれば尚更ね

脚本 三谷幸喜  演出 佐藤B作

前回は西郷輝彦さんとB作さんのやりとりが絶妙でしたが、今回はB作さんが
病気になってしまったため、升毅さんが代役
あめくみちこさんとのドツキ合いはやっぱり本物の夫婦での方が面白かった
ですが、升さんもB作さんが作り上げてきた名物キャラクターを熱演してました


舞台はとあるマンションの1室。4日前までそこに住んでいた男が
今の住人の留守を見計らって電気屋になりすまして忍び込み 
結婚の挨拶をしに来た娘の前で、さも今住んでいるかのように振る舞うのだが
そこに今の住人が帰って来る・・・という所からお話が始まります
 
あれよあれよという間に嘘が嘘を呼び、登場人物もどんどん増えていって・・・
まさにこのマンションの1室を戦場とした家族同士の攻防戦
ストーリー展開のスピード感、前フリが後のオチにしっかり効いてくる練り上げら
れた構成。 2分に一回は笑いどころアリ やっぱ三谷氏って凄いと思うわ
もちろん演出のB作さんも凄いと思いますけどね

今回は席がかなり前の方だったので演者さんの細かい表情や
舞台のつくりまでしっかり見れちゃいました
計算されつくしてますね (^^)  たぶん、アドリブに見えるようなところ
まで計算されてるんだろうなあ

個人的には石野真子さんのすっとぼけ感と、小林さんのさらに磨きのかかった
怪しいフィリピーナっぷりが気に入りました

Img_0001

中澤さんも出てましたが、再演ということもあってか余裕があったように感じた
もう少しアドリブかまして欲しい気もますが、話がそれぞれのキャラクターに
よって複雑に入り組んでいるのでなかなか難しいかもしれませんね

出来れば同内容で地方公演もやってほしいんですけどね

去年はヴォードビルショーの公演(エキストラ)十和田にも来てたんで
ちょっと期待したい   ムリか(^-^;

|

« 08十和田秋祭り(中日) | トップページ | 奥州YOSAKOI in みずさわ 参加チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/42488023

この記事へのトラックバック一覧です: 戸惑いの日曜日「アパッチ砦の攻防」より:

« 08十和田秋祭り(中日) | トップページ | 奥州YOSAKOI in みずさわ 参加チーム »