« ただいマンモス | トップページ | 第9回 三海まつり② »

2008年8月11日 (月)

第9回 三海まつり①

腕と~顔が~ ポッポー! と なってます 日焼けしたなぁ  
あ、顔が赤いのはビールの影響もちょっとあるかもww

いやぁ 気分良くてね 飲まずにいられないって感じ(^^)

それだけ いい祭りだったな~ とシミジミ感じておるわけです
来年の第10回が今から楽しみですわ

と、いうわけで 三沢市で行われました 第9回三海まつりに行ってきましたので
簡単に・・・? 今回はコッテリ目?に報告しておきます

うん、やっぱりYOSAKOI面白いです(^^)

今回新設されたステージ形式会場「アメリカ広場」での演舞をメインに
いつものように マニエル的好き勝手な批評&コメントつき(^^;
辛口だったり 甘口ダタリ~ ラジバンダリ! どう受け取るかはアナタ次第

・・・うん、オイラの独り言だから気にしなくていいとオモウヨ
(こういう前フリあるときはけっこう辛口らしい)

2008_08100002 2008_08100003

OPは胡蝶蘭舞・・・ って青森にいながら初めて聞く名前だな~と
思ったら 和太鼓集団でした  おいらせではコンテスト式のフェスがあるみたい
オリジナル曲かな? 2曲ほど演奏してくれました
やー祭り好きなんで太鼓の音ってワクワクしますよ 
笛が入るとさらに好きですが 

続いて登場は 三海OPではおなじみの おおぞら保育園
去年ハシゴの上で出初式みたいなのやってたトコだよね? 違ったらごめん
今回も教材用ソーランでの出陣 ここのちびっ子達、何気にしっかり踊れてます
腰の落とし方もたいしたモンですし 先頭の子もいい顔してた
もしかして南中とかもできちゃったりするんでしょうかね(^^;

10周年を迎えた本気会、(当時は上組ってついてたんだよね)オイラが一番
初めに本気会を目にした時の演舞曲がこの岩本公水さんの「街は舞台だ」
だったっけなぁ・・・な~んて思いを馳せてながら見ておりました 

太鼓演奏と保育園児たちのオープニングACTのあとにチーム紹介
いままでいくつかお手製イベントでの出場チーム入場セレモニーを見てますが
今回のチーム紹介は趣向を凝らしていて良かったですねえ~
往年の夜のヒットスタジオのOPメドレーを見ているかのようでした(^^)
・・・って元ネタわかる人いるのか??
曲はみちよさ「乱舞」でしたけど、ちゃんと総踊りをチームで取り組んでいるチーム
とそうでないチームがはっきりわかっちゃいますね ぞれぞれのチームによって
オリジナルのフリが入ったり ネタ仕込んだりしてて面白かったですね
コレって事前に打ち合わせあったんでしょうか? 
ひとつのコーナーとして独立させても面白そうだなぁと思いました
このチーム紹介で良かったのは彩湖舞姫会と花嵐桜組
あとヨッシーさんが踊ってるの見ちゃった(^-^)

舞姫会は・・・総踊りなんだけどチーム演舞のようにキッチリ揃ってた 流石
花嵐はあれのために練習したんだろか? 即興だったらスゲー 
みなさんエンターテイナーだよね(^^)

2008_08100008 2008_08100015 2008_08100020

西小あかねっこ
 十和田の小学生チーム よさ夢と秋祭りとここぐらいしか見る機会がない
 点数とか審査とか意識してるわけではないのであまり厳しくは言いたくないけど
 もうちょっと子供らしく元気よくやってくれると見てて気持ちいいんだけどなぁ~
 わらはんどまでとは言いませんけどね

水浅葱
 北海道の匂いを感じます
 こういうカラーの作品やるチーム最近少ないから 貴重
 静かなんだけど力強い 最近ウォッチャー仲間の間でも評判高い 
 やっぱ同じ曲何年も踊り込むと味が出てくるんだろうね そういう作品なんだろうし

古牧のれそれ魂
 
このあたりで一番忙しいチームかもしれません(^^; 
 なんてたって毎日営業 今日も午後には撤収してました  激レアチーム?
 曲は・・・これまでと同じ・・だよね  スピード感のある青森テンコ盛りメドレー
 ねぶたの正装の花笠かぶったり古牧のねぶたの前でやったらお客さんも
 さぞかしお喜びの事でしょう  人数もうちょっといるといいんだけどね

2008_08100027 2008_08100029 2008_08100112

心花組
 なかなか見かける機会が少ないチーム・・だけに衝撃は大きい
 使用楽曲は通称「つんく」c/wも強引に繋げたやつver
  パレードコースの方では別な曲使ってた 三石っぽいけど教材用にも
 あんな曲入ってた気がする  YOSAKOIらしいかどうかさておいて、
 ダンスのレベルは高いと思った つんく♂氏に見せてあげたいねえ
 俗に言うところの八戸系YOSAKOIの匂いがしないチーム
  
モヒカン
 いや、チーム名 モヒカンじゃないから(^^;  「祭姫會」です
 でも真横から見たら見事な盛り上がりっぷりでした>髪型
 その髪の毛のようにまさに今勢いにノってるチーム ノリ過ぎ  
 見るたびに精度上がってるよね~ それだけに・・まだフリが体に入りきって
 ない人が目立っちゃってた(^-^; あれは新人さんかな ?
 スピードと勢い、テレコになる部分とか凄く綺麗です
 音源に最初から口上が入ってるのって聞き取りやすくていいね
 もちろん実際に居た方がカッコつくんですけど、会場によってはマイクとの
 相性なのか聞き取りづらいところもあったりするしね
 何度も見てるとここも移動のときにちょっと流れ止まっちゃうのが気になるね

紅翔蘭舞會 
 遠路はるばる秋田からようこそいらっしゃいました
 新曲だったね(^^) ヤートセあたりからやり始めたのかな
 MCの語りにあわせて物語をなぞらえていく様な作品
 鳴子をちゃんと“鳴らしている”のがいいですね
 “鳴ってる”というチームも少なくないですから
 後半扇子開ききれてないのがもったいなかったな 
 作品としては去年のより好き  次に見れるのは・・・ かがり火?

よし、今日はこれぐらいでいがべ
いったん切ります(^^)




 

|

« ただいマンモス | トップページ | 第9回 三海まつり② »

コメント

>しろうさぎ さん、

こんにちは いらっしゃいませ
手鼓舞さんは解散公演を除けばは先日の港まつりが
ラスト演舞だったようですね
水浅葱しかり、手鼓舞しかり、良いチームがなくなって
いくのは寂しい限りです 他にもいいチームがどんどん減っているようですし…

水浅葱は青森に移ってからも、その思いはしっかり受け継がれているようです。それでもやはり状況は厳しいみたいですけどね(^^; 手鼓舞はみちのくYOSAKOI遠征で初めて観た時にファンになりました 
はい、今年の演舞テーマのようにオイラの胸の中に「手鼓舞」という素敵なチームがいた事を留めて置きたいと思います  

投稿: マニエル | 2008年8月13日 (水) 11時58分

初めてコメントさせていただきます。
たまたまネットでYOSAKOIのブログを検索していた所、こちらのブログに出会いました。
私は今年、北海道のチーム「手鼓舞」で踊っていました。縁あってこの数年間、手鼓舞と関わらせてもらいました。また、それ以前は「水浅葱」に所属していました。まだ青森に引き継がれる前、北海道で活動していた時からです。
水浅葱が解散した年と青森に引き継がれた年の曲は、振り付けを担当させてもらいました。
今、青森のメンバーが大切にその曲を踊っているのがこちらのブログから伝わってきて、とても嬉しく思っています。
先日、手鼓舞は地元のお祭りにて活動を終えました。私の11年間のYOSAKOI人生の中で、チームの解散に2回立ち合うことになりました。水浅葱の時も手鼓舞の時も、やっぱり涙は止まりませんでした。この2チームに所属出来たことは私の誇りです。
マニエルさんは手鼓舞のファンとのこと、嬉しいです。手鼓舞は11月に地元で解散公演を行い、12年間の活動に幕を下ろします。チームは無くなりますが、記憶の片隅にでも手鼓舞の名を残してもらえたらと願ってます。

投稿: しろうさぎ | 2008年8月12日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 三海まつり①:

» ホテルサンルート釜石 [岩手ホテル旅館ガイド]
■ホテルサンルート釜石などの格安宿紹介サイト [続きを読む]

受信: 2008年8月11日 (月) 01時44分

« ただいマンモス | トップページ | 第9回 三海まつり② »