« あぶねぇ・・ | トップページ | 2008 五所川原立侫武多 »

2008年8月14日 (木)

2008 青森ねぶた

盛り上がってますね オリンピック

そんなに興味はないと言いつつも やっぱりついつい気になってしまいます
日本国民ですから

まだまだ熱い夏は続きそうですが、青森の一番熱い夏は先週終わってしまいました
青森ねぶたまつり  観にいった日は雨が降っちゃいましたけどその後の日程は
お天気にも恵まれて最高のお祭り日和だったようですね(^^)

●本日の祭り
 2008 青森ねぶた祭り (08/02~08/07)


こちらのネタもすっかり時期遅れになってしまいましたけど
お祭りウォッチャーとして記録に残しておかなければ

2008_08030001 2008_08030069
オイラの愛車 マニチャリ1号 
最近はこいつを積んであちこちの現場に行ってます
なかなか便利ですよ 旅先でチャリンコ使えるの(^^)
ラッセランドやら青森駅あたりをスイスイ行ったり来たり
昼間は天気良かったんだよね~ 
さっそくアスパム裏のラッセランドへ移動

2008_08030003 2008_08030024
夕方からは予報で雨マークがついていたために ほとんどのねぶた君
たちはご覧の状態 魅力半減です 電撃ネットワークの布団圧縮袋に入るネタを思い出
してしまった(^^;; いやまだ始まって2日目でしたからね 無理して壊すわけには
行きません 

2008_08030016 2008_08030020
この時期にはもう風物詩となりつつある 大佳秀さんのキャンペーンも
行われておりました 年々しゃべりが達者になってるなあ
来年 紅白に出るつもりだそうです 応援しましょう
オイラは2年前にすでに1枚購入済みなので この日はライブだけタダ見

そうそう、あのおがわら湖で、華彩(贈踊会つがる衆)が披露した総踊り曲
がこの人の「ねぶた」という曲です(^^)

2008_08080037 2008_08080055 2008_08080057
ココから先は、処理を駆使してビニールを外した状態ていくつか紹介
(嘘です 後日再びラッセランドに行って撮影したものです)
ねぶた師さんそれぞれによってやはり作風が微妙に違いますね
オイラは最近はこの昼のねぶたを見るのがすごく好きだったりします
ホント、昔に比べて色使いが鮮やかになったと思います

一番右側の千葉作龍さんのパナソニックのやつがおそらく来年の春フェスに
登場するんじゃないかな と思われます(^^)

2008_08080054 2008_08030068
最近は人物が何体かのった組みねぶたが主流ですけど、主役の人形を
大きく配置したねぶたというのもなかなか迫力があります
オイラの中で「ねぶた」っていうとこの1体だけの豪快なヤツのほうがイメージ強い

これまで取り上げられてきた題材から考えると一風変ってるなぁと思ったのが
ラムセスⅡ世 エジプトですよ 劇画タッチな面が男塾のファラオスフィンクス
を思い起こさせます(^^)  毎年ダイドードリンコ提供のねぶたの番組で
パーソナリティをやってるのがあの考古学博士の吉村作治先生なのですが
おそらくそういう繋がりもあったんでしょうね 去年は北斗の拳のラオウのような
キャラクターが強烈でしたが今年の作品もまたインパクト大です
左の方の黒旋風李逵もかなり迫力感じました 水滸伝ファンにはたまりませんね

2008_08080047 2008_08080050
おの2台はどちらも北村蓮明さん作 色使いとエフェクトにインパクトあり 
すんばらしい造形美 食玩あったらシリーズこんぷしたいぐらいだわぁ
オイラ的に一番好きだったのがこの左側の「菅原道真雷神と化す」
太鼓の大きさと稲光の鮮やかさ、アクセントになってる桜のピンク 良いと思います
お兄さんの北村隆氏はもちろん凄い人なんですけど、最近、蓮明氏の方のねぶたが
オイラの好みにぴったりハマってます(^^)
右側の「風雪、吉野山の決戦」はこの吹雪の表現に脱帽です
ビョオオオって音が聞こえてきそうだもん カッチョイイ~

2008_08080065 2008_08030032
最優秀製作者賞 ねぶた大賞三連覇を成し遂げた北村隆氏製作のねぶたが
この2台 「花和尚・魯智深」こちらも水滸伝モノ
にゅっと前に突き出た巨大なマサカリがものすごく迫力ありましたね~ 
あの部分は台上げしてから作ったんでしょうね
そして、ねぶた大賞を獲ったのが青森山田学園の「忠臣児島高徳と范蠡」
この桜は夜になって灯が入ると実に綺麗です 去年の千手観音も幻想的
でしたけど、この桜の色使いも見事でした 

2008_08030074 2008_08030071 2008_08030077
日が暮れてきて運行が始まるぞという時になって空が真っ黒に(^^;;
それでも参加者はみんな元気 特にこの日は大型ねぶただけでなく各町内会
の子供ねぶたも参加で子供達も楽しんでました

2008_08030082
そんな天気の中、ビニールもかけずに運行してた唯一の大型ねぶたがコレ
信長公、ズブ濡れでございますぞ!
濡れてぼろぼろになるのはわかりつつも、やはり観光客のためにもビニールを
被らないねぶたを見てほしいという計らいでしょうかね。 よくやった!

2008_08030099 2008_08030102 2008_08030110

ビニール被った状態でぼんやりと闇に浮かび上がるねぶたってのも
なかなか雰囲気があって悪くない

見てるこっちはびしょぬれだし、カメラ悪くなっちゃうんであまり写真は
撮れなかったですけど(^^;;

途中で参加してるセンセーさんを発見 
必死にガッついたら なんとか気づいてもらえました(笑)

この時期県内でも大きなお祭りの開催時期が被ってるんで、一度しか
見に行けませんでしたけど やっぱり天気良いときに観に行きたいモンですね

6日には各賞が発表になってましたけど、うん、納得
オイラが気に入ったねぶたも上位入賞してました

今から来年のねぶたが楽しみです

|

« あぶねぇ・・ | トップページ | 2008 五所川原立侫武多 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/42158304

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 青森ねぶた:

« あぶねぇ・・ | トップページ | 2008 五所川原立侫武多 »