« 08 YOSAKOI ソーラン観覧記③ | トップページ | 08 YOSAKOI ソーラン観覧記⑤ »

2008年6月15日 (日)

08 YOSAKOI ソーラン観覧記④

今日はスカパーのテレ朝チャンネルでファイナルコンテストの様子が
放送されてましたね あの大泉洋が出てたやつ

ウチはBS朝日は見れないのでやっとこさ見れました
やっぱTV中継で見るとどのチームも綺麗っすね

後でやる予定の検証編のいい参考になりそうですわ

さてさて、6/7の午前中の続きから もういい加減飽きるよねぇ・・

08/06/07 (土)
道庁赤れんが 11:15~


大通りパレードコースからここまでは歩いて移動
公園からほんのちょこっと移動するだけでずいぶん見やすい会場があるんですよね
久々にこの会場来てみたけど、会場位置少し変わったんですね 前に来た時は
もう少し奥の方でパレードともステージともいえないような横長の会場だったんですが
赤れんがを背にして踊れる絶景のステージ会場になってました
お客さんとの距離も近く、YOSAKOIカメラマンには人気っぽい
公園で見かけないなと思ったらこういう所に来てるわけですね

2008_06070193 2008_06070199 2008_06070202

さて、まずここで見たのがExcla!matioNかつての上位入賞常連チーム・・・
といったら失礼か(^^;もちろん今でも楽しくてオリジナリティ溢れる演舞を
披露してくれてますが 洋風で、しかも地方支部ですから今から考えると
ちょっとした快挙? やはり人数不足には苦しんでいるようですね
蛍光オレンジの衣装が眩しいコーセーファシオは今年もカワイかったですね(^^) 
しかしながら可愛いだけじゃ勝てないのがYOSAKOIソーラン(当たり前か)・・
いや、若い分踊りもそれなりに出来てるんでもう少し緩急が欲しいかな
青いお花はちゃんとアクセントになってましたね 
石狩流星海を間近で見られたのも収穫でした。幅広い世代がそれぞれ
のパートに役割分担されているんだが実によくまとまってる
どういう練習してるんだろう・・その団結力の秘訣というのを訊いてみたい
北海道工業大学HITは昔に比べて女の子の割合が増えたなぁ
衣装や曲は質素ながらも学生らしい元気いっぱいの演舞で盛り上げてた
韋駄天FUKUZUMIはチビッ子たちのチームですがなにげに参加歴長いっすね
こちらも審査とかは意識しないでのびのびやって欲しいです(^^)

2008_06070213 2008_06070214 2008_06070219

ふらの舞花は衣装も曲も振り付けも手作り感いっぱい お祭りに出るって
本来はこういうのが当たり前なわけで、金かけりゃいいってもんじゃない
アリだと思いますよ こういうチーム だって楽しそうだもん
ま、見る側としては金かかってるほうのが確かに見ごたえはあるんだけどね(^^;
オイラもどんなチームに対しても辛口なコメントする訳ではなく、審査とか点数を
意識せずに楽しむことを目的としてるチームに関して基本的に仏のマニエルモード
で暖かく見守らせていただいておりますのでご安心くださいませww
そんなわけでその後登場のThe日本海がいつも以上に豪華に見えたのでした
岩手からの江刺華舞斗ここの会場で見れました、ヘルプメンバーも入っていたよう
ですがやはり100人超のチームの直後に見ると寂しいかな^^;
さんさで見たときは男衆一人だけだったんで、ずいぶん印象が変わりますね
ダイナミックな振りは見てて惚れ惚れしますが微妙にズレてたかしら
コミカルな部分や面白い掛け声なんかも入ってて飽きない作品になってます
びしゃせんは曲が面白いね、ソーラン節から沖縄民謡風になったと思ったら
「きよしこの夜」ってこの時期クリスマスソング??みたいな(^^) 
なかなか楽しいチームですなぁ  いなせ系暁会活頗組は今回は応援団という
ことでガクランのコスプレ 応援団といってもJCBとはまったくの別物ですが 
いや~来たね(^-^) エンタメ集団 活頗組、完全復活といった感じでしょうか 
ここ数年どうも煮え切らない感じで中途半端な印象が強かったですが、
今年は見事に突き抜けてくれました 大好きっす(^-^)
こういうチーム是非青森にも来て欲しいっすねぇ
嵐舞あいべつも少人数の地域チームいろいろ苦労はあるでしょうけど
継続して参加することに意義がある・・・と思う 頑張ってほしいな
沙流瑠237も地区のチームがいくつかまとまった合同チームだそうです
衣装がそれぞれのチームのものを流用してるのでまとまりがないのはご愛嬌
やはり合同じゃなきゃ祭り参加も難しくなっているということなんでしょうね

2008_06070230 2008_06070233
手鼓舞、良かったよ~ 今年で解散ということでいつもより気合い入ってたのかも?
ここ数年に比べて人数もぜんぜん多かったしね。 曲の出来が素晴らしい 
歌詞とかもちゃんと聞くと泣けてくる 12年の活動の集大成にふさわしい作品でした
手鼓舞を初めて見たのは実は仙台のみちYOSAで、当時まだYOSAKOI見始める
ようになってそんなに経ってなかったこともあって、改めて北海道のYOSAKOIの
レベルの高さに惚れ込んだ覚えがあります
それ以来毎年仙台で手鼓舞を見るのが楽しみでした。いろいろ事情があっての
解散なのでしょうけど、やっぱりいいチームがなくなるのは残念ですね。 
手鼓舞というカッチョイイチームがいた事、忘れません お疲れ様でした
『はね駒』は福島のチーム、行きのフェリーで団体個室のひとつがここでした
でした チビッ子たちが多いのですが演出にも凝っている本格的なチームで
福島の大会では上位入賞も果たした実力派  初めて見ましたけど、ノーマーク
で偶然こういうチームに出くわすとホント嬉しいですね
赤れんが会場はここでお昼休みに突入しましたのでオイラは次の会場へ移動・・・

08/06/07 (土)
サッポロファクトリー 13:00~


微妙にHOMURAに間に合わんかったなぁ(^^;; 
まぁトイレ行ったりなんだりと寄り道もしちゃったからね 
会場について最初に見たのが、しほろジャガいも√7000ターボ、今まで
ずっと名前だけは聞いたトコがあるけど9年目にして初めて見れました(^^; 
いや300チーム以上もあると縁がないチームってホント巡り合わないもんです 
あまりYOSAKOIチックではないストリートダンススタイル、この近辺じゃ結構
見かけますけど札幌ではなかなか見ないですね。 リレント舞華軍団はやっと
ここで見れましたが後ほど検証編にて。リレントらしい華やかな演舞でしたよ。
前の方にいた人がどんどん帰っていって、ベストポジションについた時にちょうど
東京のりのり団の出番でした、160人の大所帯。このチームは毎年楽しませて
くれますね 大雑把なようでありながら実は芸が細かかったりする。
コミックチームと侮るなかれ 構成もなかなか巧妙です、こういうスタイルのチーム
もっと増えて欲しいんだけどなぁ・・・ 某有名チームへのオマージュとも思えるような
花魁風女性陣がなかなか素敵でした
北照高校&おどらんしょはソーランらしいスタンダードなYOSAKOIでした
高校生のお兄さんお姉さんたちと子供たちの共演、こういう輪もいいものですね
札幌私立大学~真花~ は、アクロバティックな見せ場(3点倒立とか)もあり。
どうやら今年が初出場らしいですね どうりで聞いたことないわけだ(^^; 
踊りの方もキレイにきちっりそろってましたし、なかなか見ごたえありました
イイチームだと思います(^^) むらむらむらぁずは前からオススメされていた
のですがやっとこさ見れましたよ ちょっととぼけたチーム名の響きとは違い
衣装とかはビジュアルはカッコイイ系 小道具なんかも駆使して凝った作品を
創ってます。 楽曲的には若干ゆるい印象を受けましたが、踊りは力強いっす

昼休みを利用して馬花道のみなさんにご挨拶 リラックスしている様子
機材片付けようとしてデジカメがぶっ壊れているのに気がつく・・・
アイタタタ(^^;;  こりゃすぐには直せそうにない

080607_134845 080607_150822

ニュージーランド☆サザンスターズは遠くからご苦労様です
こちらもあまりYOSAKOIっぽくはないですけど日本のお祭りを楽しんでたようです
金澤こまちは見事セミに進出しました、こちらもコメントにてオススメされていたので
期待していたのですが、なるほど納得 やっぱ金沢レベル高いっすわ
後ほど検証編で触れましょうかね。 とようら夢豊民は子供たちが主役のチームでした
YOSAKOIを通じて親子で何かを一緒にやる・・いい事だと思います(^^) 
六花風靡Jrもジュニアチームなんですが黒子役のお父さんたちが頑張りが
なんとも素敵です 仮装大賞見てるようだ 豪華なお姫様の衣装や侍の格好をした
子供たちがはにかんでるのが可愛いのなんのって 
とわだ馬花道を去年とは打って変ってとことん祭りを楽しんでましたね。
来年に向けての良い糧になったでしょうか レベル的に決して札幌でも
そんなに低い方ではないと思いますけど移動の時にもたつくのはやっぱり気になる
新作に期待。 labor カッコイイね~ 踊ってる人も美男美女揃い?
他ではあまりみかけないような独特の振り 手の動きに目が行きがちですがち
足のさばき方が綺麗だな~という印象を受けました 
FORZA木更津 氣志團キター!! 個人的に是非木更津のチームにやってほしいな
と思っていた氣志團&YOSAKOIに加えてやっさいもっさい オレンジ色の長ラン短ランにリーゼントのカツラのお父さんも・・・こういうバカっぽさ(この場合褒め言葉です)
好きだな~(^-^) ココの会場で見たチームの中でも一番インパクトあったな
初っ端の立位置からセンターずれているあたりもナイス 
ここまで楽しんでたらある意味「勝ち」でしょ 見てるこっちも自然と笑みがこぼれます
RHK e ga o は強いチームをよく研究してるよね~  人数も多くて見ごたえ
ありました、多すぎて演舞スペースに入りきってなかった人もいたようですけど(^^;
振りもなかなか良いと思いますけど若干練習不足でしょうかね
夢限舞童は春フェスにも来てくれたジュニアチームですけど・・この子らやっぱ
ただもんじゃない! 青森に来た時と比べても格段に上手くなってるし
この表情というか演技力、引きこまれるわぁ  やはりどうしても同じ系列の
函館躍魂いさり火と比べて見てしまいますが今年はこっちに軍配かなぁ

08/06/07 (土)
札幌駅南口 15:54


ここまで見たところで移動~
ちょうど札幌駅南口で今村組の演舞予定時間だったんだけど
着いてみてびっくり 駅前会場って大通りメイン会場並の混雑じゃないですか(^^;;
公園から溢れた人みんなココに来たか?  やっぱ無料の桟敷席は魅力だわな
桟敷席の前には長椅子も置かれてるんですけど、その前に地べたに座るブルー
シート引いて欲しいなあ(^^; 椅子座っても後ろの方じゃ踊り子さんの顔から上
しか見えんではないか と、愚痴ってみる(^^;;

次の会場に向かう前に駅前のビッグカメラに寄ってデジカメを物色するが
そう上手い具合にお買い得商品なんて出てるわけもない

ま、カメラなけりゃないで見るのに集中するかぁ と頭を切り替えたところで
一旦切りますね

|

« 08 YOSAKOI ソーラン観覧記③ | トップページ | 08 YOSAKOI ソーラン観覧記⑤ »

コメント

>応援団長◆十勝港さん、

いらっしゃいませ 楽しみにしていただき有難うございます
エクラはまさに「!」をテーマとしているというワケですね
そういう精神大好きです
じゃがいもは毎年スタイル変えてるんですかね、今年のはあまり札幌では見かけないスタイルですかね
むらむらはいつぞやの公式DVDで見たときとずいぶん印象が違っていてびっくり 十勝の風 感じました

現役チームの方からの視点による他チームへのコメント、
なかなか興味深いです。ぜひ他のチームに関してもいろいろ
聞かせてくださいね

投稿: マニエル | 2008年6月16日 (月) 23時02分

どうも、応援団長◆十勝港です。
たくさんのチームのことが書かれており、ここを読みながら撮り貯めした本祭ビデオを編集するのがひとつの楽しみです。
公式ビデオなんかよりも楽しめるページだと心密かに思っております。

いろんなチームのことも書きたいのですが、さしあたり支部チームの事から。
◆Excla!matioN
エクラ(通称です)は『必ず何かやってくる』チームなので、決して真似する事はできないのですが、とにかく参考になります。
常に『見せる(魅せる)こと』を意識した作りなのが際立っています。

◆しほろジャガいも√7000ターボ
ヨサコイという枠組みの中で、毎年いろいろな事をしてくるチームです。そのアイディアの豊富さに脱帽。
(ただ今年の踊りはまだ見ていません)

◆むらむらむらぁず
ビジュアルは2004年あたりから力を入れてきたようです。
でも踊りの本質は『力強さ』。うちのチームに取り込みたいチカラです。

流星海とか江刺華舞斗とか活頗組の事なんかも書きたいのですが、後日という事で。

投稿: 応援団長◆十勝港 | 2008年6月16日 (月) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08 YOSAKOI ソーラン観覧記④:

« 08 YOSAKOI ソーラン観覧記③ | トップページ | 08 YOSAKOI ソーラン観覧記⑤ »