« 08 YOSAKOI ソーラン観覧記② | トップページ | 08 YOSAKOI ソーラン観覧記④ »

2008年6月14日 (土)

08 YOSAKOI ソーラン観覧記③

東北地方で大きな地震がありましたね~

仕事中はTV見れない所にいますので、お昼の休憩時間で大きな被害
が出ていると知りました(^^;;

みなさまのお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか?

さて、こちらの方はいつもどおり進めていこうと思います

08/06/07 (土)
西8丁目ステージ 8:30~

本日から道外や遠方からのチームも多数加わり審査も始まります
10:00からのパレードに蒼天飛龍(青森)が出ることになっていましたので
パレード開始での時間を利用して8丁目ステージでの演舞を見ることにしました
しかし朝8時半からって凄いよね(^^; オイラ普段の仕事の日より早起きでした
開始30分前には会場についたので席はすぐに確保できたんですけどね
天気が微妙だったな~ 大丈夫だと思ってたけど雨パラついてきたし

2008_06070121 2008_06070123 2008_06070126

そんな朝イチのオイラの目を覚まさせてくれたのが今回が初出場という
遨~すさび~ ここはイイ!衣装の雰囲気はVOGUEっぽい印象ですが
曲はかなり和風 すんげーわかりやすく書くとすると「VOGUE×えさし」?
このまま活動を継続してくれるのであればセミ、ファイナルに残るようになるのは
そう遠くないと思います 衣装替えがあるんですけど、それがまたスゲーの。
ターンして正面向いた時にはもう全部変わってる 今まで、「脱ぐ」とか「剥がす」という
動作があって変わるのはよく見てるけどターンする一瞬で変わるのはマジックですわ
新人賞を獲ってましたけど今後が楽しみなチームがまた出てきました
颯爽JAPANは神戸のチームでしたっけね、名前だけはどこかで聞いたことある
鮮やかに衣装とフラフが印象的、高知よさこい系ですが、ポップなミュージカル風の
音楽が爽やかでいいですね なかなか見ないタイプのチーム
あかびら華炎も念願叶ってようやくここで見れました 後ほど検証編にて書きますが
KAZUMIさんの生唄が良かったです

2008_06070137 2008_06070145 2008_06070152

バサラ瑞浪・・はナイト編でも触れたので割愛 おかみさんの笑顔が素敵でした
AJGKIDS ジュニアチームなんですけどよく動くのよこの子達 
アクロバティックでパワフルな演舞にお客さんも喜んでた一次審査員賞とあと一歩
及ばず。もうちょっとストーリー性を感じられればいいのかも? 旭川華酔組は勇壮
な太鼓演奏が特徴でしょうか、民謡というよりも太鼓のリズムに乗って踊っていると
いう印象が強いですね。 金の扇子が鮮やかでした、あと、女性陣キレイです(*^^*)
もせうしRIMUSEは20人ほどの小チーム みなさんの健康と町の発展を願って
踊りますといういやし系YOSAKOI 表情も実におだやかで、力強さよりも流れるよう
な動きが売りのアットホームなチーム 
森未来人、は曲の中でソーラン節を唄ってる子供の声がなんともメンコイ(^^)
こうやって唄は歌い継がれてゆくのでしょうねぇ 殺伐とした順位争いの戦いだけ
ではなくこういうほのぼのしたのもまたYOSAKOI アンチの人はこういうの見ればイイ
夜桜金魚とまこまい、こちらも小人数ですが純粋にお祭りをたのしんでますね
どピンクの衣装が目に眩しかったです。 水戸藩YOSAKOI連、ほのぼの系
チームが続いた後、本格的なチームが出てくると締まりますねぇ ここは
常陸国YOSAKOIで大賞も獲ってるチームですから見ごたえありました。 
人数的にちょっと寂しかったですけどもうちょっと揃えばセミファイナルあたりは
充分狙えると思います。 苫鵡寒神祭&かみどんは上川支部の合同チームと
いうことで、支部オリジナルの総踊りを披露 はて、この総踊り曲以前にどっかで
聞いたことがあるなあ しかし、こうやって合同じゃないと出場できないお祭りって
なんだかなぁという思いもあります。このままじゃいずれ合同チームだらけの大会
になっちゃうんでは? メンステージのフリースペースという絶好のポジションで
平岸天神まで見たあと移動~ 
やっぱり桟敷席から眺めるよりも踊り子さんとの距離近い方が迫力感じられていいね

08/06/07 (土)
大通りパレード南コース 10:00~


パレード始まる前に蒼天飛龍の地方車を見ておきたかったので5丁目方面
に行ったらテレビ出演に向けてスタンバイ中の蒼天みなさんを発見
いや、こっちが見つけられたといった方が正解でしょうかね(^^;
ちょこっとご挨拶した程度でしたけどお話した感じではあまり緊張してる
様子ではなかったかな イヤ、そういう風に振舞っていたのかもしれませんが

2008_06070162 2008_06070167 2008_06070183

事前に購入していたチケットで6丁目(審査のあるブロック)の桟敷席へ
実は審査が行われているブロックに足を踏み入れるのは初だったりする。
5丁目とか9丁目とかではパレード見た事あったんですけどね
独特の雰囲気がありますね、各チームの応援団(サクラとも言う)がたくさん
入り込んでいるようで、聞こえてくる会話もけっこう濃い
あとから判る事なのですが、ウチのまわりのほとんどがヴァイアのファンでした
青森のチーム応援のために入ったオイラにとっては、かなりアウェイな空気(^^;
熱い支持者がいるってチームにとって幸せなことだと思います

はい、こちらのパレードコースはは最初から見させていただきました
極楽とんぼはステージではパレードコースでは大道具使ってました
段ボールの塊みたいなやつ ちょっと邪魔だなと思ったのはウチだけか(^^;
「甲斐◇風林火山」は久々の札幌登場です チームのカラーが出てましたね。
パレードを先導するセクシー太鼓隊 露出度高くてファンになりそう   
山本勘助ここに立つぅ~♪が耳に残ってしょうがない そっかぁ武田信玄公
だけにこだわらず配下の武将も使えばしばらくネタ持ちますね
武田軍といえば人材の宝庫ですもんね。 腰のあたりから引き出すロール状の布
がちょっとした秘密兵器フィニッシュは実に華やかです
神洋丸船団は紫色の着流しが素敵なファミリーチーム。親子が一緒になって楽しん
でる様子がなかなか素敵でした 東海大学~祭屋~は学生さんらしい元気な
踊りでお客さんを楽しませてました、男子のうち何人かだけが歌舞伎メイクをして
いたのが気になる(^^; なんとなくやってみただけ?
蒼天飛龍・・・まわりのヴァイアファンのお客さんが、某YOSA系のメルマガでここに
◎の予想マークがついてたから要注意!みたいな感じで騒いでた
たしかに、青森のチームは何やらかすかわかんないからね~
前評判どおりの活躍見せてくれたと思います 
手拍子したけどオイラ一人だけ・・・寂しい  さすがアウェー
仁木・舞人咲乱は少人数チームですがセーターみたいな独特な衣装が印象に
残ってます、普段着としてもいけると思います(^^;
vaia-CHALLENGE999、さすが地方車も立派ですなぁ
応援団もいたおかげで大盛り上がり オイラもみんなにあわせて手拍子(^^;
もちろんみなさん踊りも上手ですが、表情が活き活きしてるのが印象的 
美女軍団の傘がパッと開いたのがとても絵になります(^^)
大掛かりな演出もありましたがパレードではあまり映えないかな?

農天揆まで見たところで桟敷席を出ましたが vaiaが終わった時に応援団の
人達がどっと抜けて空いていただけに出やすかった
初の6丁目桟敷席 独特の緊張感と気迫が感じられて面白かったっす(^^)

|

« 08 YOSAKOI ソーラン観覧記② | トップページ | 08 YOSAKOI ソーラン観覧記④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08 YOSAKOI ソーラン観覧記③:

« 08 YOSAKOI ソーラン観覧記② | トップページ | 08 YOSAKOI ソーラン観覧記④ »