« 2007流行語大賞 | トップページ | スコップ三味線 »

2007年12月 3日 (月)

中澤裕子&安倍なつみ Memorial Party

どうも、ようやく重い腰をあげて先日のレポを書いたマニエルですw

しかしながら、やはり人間の記憶ってば曖昧だよなあ
ちょっと経っただけでかなり細かい部分忘れとるww

雰囲気だけでも伝わるかな?
DVD収録してたんで、参加できんかった人はお楽しみに

例によって、また凄~~~~く長いので興味ない人はこの先読まなくてヨシ!

●本日のイベント
モーニング娘。10周年スペシャル『中澤裕子&安倍なつみ Memorial Party』
                                  (11/30 中野サンプラザ)
 

会場集合が17:30で開演が19:00
全席指定なのになんでそんなに時間余裕見てるのかな~?
と思いつつ現場に到着したのが、18:00ぐらい(^^; 
先着のMりいどさんと合流してヨタ話

入場列がもう随分長くなってるんで、なんでかなと思ったら本当に
5点チェックしてるみたい(^^;; 身分証に会員証に期限証にチケット、青封筒
なんでこんなにめんどいんだろうねえ  時間に余裕見てたのはそのせいか

他のヲタもだちのみなさんと話てるウチについつい列に並ぶのが遅くなってしまった
中に入ってからがさらに酷かったw

これまた長~いグッズ列・・・
う~ん 限定モノがあってもこんなにグッズが長い現場って中澤さんではありえない
んですけどね。 事前販売してなかったのかなぁ・・
なにやら福引やったり、通販の申し込みしたりと余計に手間がかかるようにしてる
としか思えない(^^;;  グッズETCに申し込ませようとする作戦ですか?
しかも、中澤ファンとか安倍ファンってこういうグッズ関係には慣れてないので
自分が買う番になってから何買うか決める人が多そうだし・・

事前に『通販アリ』となっていたものについても、振込みチラシ等があるわけでもなく
その場で代金払うというもの。 おそらく余計に作って余らせたくないから少なめに
作っておいて、足りない分はあとから発送しようという魂胆でしょうね(^^;;;
あまりグッズに執着しない大人のファンをよくわかってらっしゃる

結局、あと10分あれば買える!というところまで並んだところで開演時間
になってしまい列を離脱することに・・・orz

(前置き長過ぎだから・・・)
着席して上着脱いだところで、開演 (ギリギリセーフ!)


愛の種(中澤・安倍)

一発目って(^^;あ、いや そういう趣旨のイベントだから当たり前といえば
当たり前ですが・・・ 荷物の奥に青サイしまったままでタイミング逃したぁ~orz
もちろん事前告知もほとんどなかったので成功・・というには程遠い
んでも、間違いなく青はいっぱいでした
ちなみにお客さんは着席したままでございます 紳士・・・というかみんな歳食ってるから
立ちたくないのかも(笑)

ココからは次の曲まで長かったよ~~~1時間は2人でくっちゃべってた

トーク内容はシャ乱Qロックボーカリストオーディションの時から
順を追って振り返っていくというもの

ステージの大型モニターに トークのお題が出ます

「シャ乱Qロックボーカリストオーディション」 ジャジャン!♪ という効果音つき

やけにテンションの高い安倍ちゃんがASAYANのナレーションのものまね
していたのが可笑しかった  中澤さんはいきなりブローチ壊れて、安倍さん
の話聞くどころではなかったしww

ここではオーディション受けようと思ったきっかけだったり
オーディション期間中に中澤さんが当時勤めてた会社の偉いさんとエレベーター
で2人きりになってしまった時の話とかしてたような気がします

「愛の種 5人で5日間で5万枚手売りでメジャーデビュー」

敗者復活組が集められた時の話、部屋に入って来た順番を
中澤は忘れていたが、安倍ちゃんは5番目だったと覚えているのを得意気。

「手売りしますか?しませんか?」の意思確認で、順番が最後だった安倍さん
みんなが「やります」って言ってるのに断れるわけないじゃん!‥とか 
ぶっちゃけトーク満載です もちろんやる気はあったそうですけど

中澤がASAYANスタッフに髪切るようにプレッシャーかけられた時の話もここ
だったかなぁ・・・ なっちが北海道時代の思い出話を延々としだして、中澤が
飽きる・・というミニコントもここだったような気がする(^^;;  いいコンビだ

あ~記憶が曖昧・・進行だけでもメモってくるんだったなあ

「手売り 1日目 大阪」
「手売り 2日目 福岡」
「手売り 3日目 北海道」
「手売り 4日目 名古屋」

それぞれのキャンペーンでの思い出話や裏話
5万枚というダンボールの山を目の前にしてビックリした話
北海道での手売り前日に、雪が降り中澤がまともに歩けなくておばあちゃん
みたいだったというネタ、飯田さんの名言「北海道万歳!」やら「目が見えない」
などのネタを本人がいないのをいいことにバカにしたように話してました(笑)

ひとりあたり~ノルマ1万枚かぁ・・・
モノは違うけど・・・でもなんとなく、すご~くよくわかるような気がします、ハイ
ちなみにオイラはまだ4千枚ちょっとです(何が?) みんなタスケテ・・・


最近、初期メンが集まって一緒にご飯食べた時に、和田マネも来て
くれたという話も。 明日香は来なかったみたいですけど(^^;;;
石黒さんを「鼻ピ」呼ばわりしたのはこの時だったかなぁ

「『モーニングコーヒー』メインパート争奪戦」

これもASAYAN見てた人はお馴染みエピソードですね シングル候補曲3曲の
レコーディングの裏話 飯田さんがテストがあってレコーディング不参加
だったためにメインが安倍さんにひっくりかえってしまった件
今だから言える、当時の安倍さんの内心・・・・・
「やったね!!」と立ち上がってガッツポーズ  や~この日の安倍さんは
かなり裏モードです  効果音のタイミング間違った時の突っ込みも鋭かった
っす、中澤にそんな顔してアンタ一番怖いわと  ホントは腹黒だと暴露

ここまでのトークの合い間に大型モニターで「愛の種」、「モーニングコーヒー」PVを
をみんなで見ようという企画があったんですが、ここでも2人の
マイクは生きてて タチの悪いチャチャ入れながら見てました。
酔ってたのか?(笑)  やたらとサンドイッチを持っているのをアピる中澤さん
勝手にPV映像にアテレコしたりとやりたい放題です

つんくさん、夏先生、飯田圭織からのお祝いコメントVTRもあり
なぜか圭織の妙なテンションに2人で大ウケ
夏先生は、よくぞこれほどまでに踊れない子達を選んでくれたなと思ったそうです
でも、会って間もない自分たちのために涙流してくれるような熱い人、2人にとって
かけがえのない恩師なんだそうです

ん~言われて見ればダンスやってる人って情熱的だよね(^^)
泣いたり笑ったり怒ったり・・・ん~そういう感情、すべて踊りのなかに
注ぎ込んでるんだと思う パワフリャなお仕事だと思います


ここまで、印象に残ってる話をいくつか紹介してますが、順不同です(^^;
脱線したり、後戻りしたりとかなり好き勝手に進行してましたから

「追加メンバーオーディション」

なんで、ここまで私たちを追い詰めるの?引っ掻き回すの?と
当時疑問でしょうがなかったという中澤さん そんなASAYANによる
娘。いじり 今になって思えばあれが良かったと。 

いい感じになってきたところでまさかの「増やしましょっか」にはホント
驚いたという話 で今日はその時にメンバーになったちびっこいのを呼んでます
と、ここで、ようやくゲストの呼び込み
「お~い出て来~い ちっこいの」 
矢口が出てきて「2期メン代表としてきちゃいました~」
この先はこの3人で進行していきます・・・ みたいな流れになったところで

ちょっと!私もいるんですけど的に、慌てて袖から保田さん登場(笑)
もはやお笑い芸人さん扱いです あれ?いたの? とかって(^^;;
その後もなぜか保田だけハブられるみたいなテッパンのやり取りが
客ぐるみで展開

矢口、保田、それぞれにオーディションのきっかけやら思い出話

もともとなっちのファンで応援していた保田は、なんでつんくさんはこんなに
酷いコトするんだ!と思いつつ、応募しちゃお♪と 応募したら受かっちゃった。
矢口も歌手になりたい夢があってビビビっときて応募したものの、受かった後
のことはなんにも考えてなかったらしい

ひさびさにこの4人でドルフィンやっちゃう?ということで、ようやく本日の2曲目
サマーナイトタウン(4人全員)

たしか、コレを歌い終わった後『抱いてHOLD ON ME』のPVが
流れたんじゃなかったかな~(うろ覚え)

「初のオリコン1位獲得」
モニターにででんっ!と映し出され 「1位獲得しました~~!」
で、会場内拍手喝采 ワーイっと輪になり良かったね、良かったねと喜ぶ3人
その輪の中に入れず慌てる矢口(笑)
「・・・ってコラー、確かに見事に再現されてっけどさ!」と突っ込む矢口さん
よく出来たコントです あの頃のASAYAN見てた人は大爆笑です

外ハネがかわいいかった当時のまりっぺ(^^;
はそんな的確なノリツッコミの出来ない少女だったのに・・・
それが今や・・・orz あんたバラエティやりすぎといわれる始末

打ち合わせしたんだかしてないんだかわからんが、面白いグループだなぁ
この人達がうたばんであれだけ視聴率稼いでたのも判るような気がするわ

この4人が揃うと、トークの暴走っぷりにも拍車がかかる
2期メンが呼び込まれた時点で充分オシていて、巻きがかかっていたのだが
さらにオシてしまったのは言うまでもありません
こういう企画、酒アリでオールナイトでやってくれないかな

ひとりひとりが10年間の一番の思い出を語るコーナーもあったんですけど
ここでっは割愛します(^^;; 気になる人はDVDで確かめよう

あまりにも勝手にしゃべりすぎて、長くなってきたからそろそろみんなも疲れて
きてるだろうから一回立ち上がってって背伸びしてみよう・・とか もうそんな感じ 
本当はもうちょっと早く終わってオフ会に突入するはずだったけど
もうどうにでもなれ~~~~w   とりあえず泊まりにしておいて正解だった

21世紀(4人とお客さんで合唱)
20世紀から21世紀をまたいだグループということでみんなで歌ったのが
これです モニターに歌詞が出てました  あの恥ずかしいセリフも流れます

アンコール
この時点でまもなく21:30ぐらいだったような気がする(^^;

モーニングコーヒー(4人)
  裕~子! オイッ!が出来ました
  熾烈なパート争奪戦が繰り広げられたこの楽曲・・・
  10年経ってサバイバルを勝ち残った(ある意味負け残った)2人がこの曲の
  メインを努めることとなったのでしたww

I WISH(4人)
  後ろのモニターではPVが流れてました     あ、加護ちゃん・・・
  
最後にジャンケンして順番に締めの挨拶、 この時もテープののこり時間少なくて
かなり巻いてました(^^; 
この期に及んでジャンケンとかするか? 
ちらっと言ってたけどI WISHのラストのパートもジャンケンで決まったの!??


しみじみするというよりも、楽しくお祝いしようってのが趣旨だったらしいので
あまりしんみりすることも無く、おバカなテンションでのぶっちゃけトークが多かったし
そういうの中心で紹介してますが、実際は随所随所でやっぱり10年応援してくれてる
人への感謝だったりとか、仲間への感謝とか、ちょっとジーンとするようないい話
もしてます。 あの日あの時オーディションを受けてなければ、この仲間じゃなければ
・・・「たられば」の話になってしまいますけど、オイラも偶然とか運命とかそういうもの
をね、改めて感じましたよ(^^)

とりあえずASAYAN時代からの古いファンの人は満足できたイベントではないかと。
歌も少しだけだし、握手会も無しだけどね なんだかめちゃくちゃ充実してました 満足

最後は会報表紙用に記念写真 (ここでもダラダラと長くやってたな)を撮った後
これからの活動にむけて、一致団結しての気合入れの儀式・・・

裕子がんばっていきま~~~~~~(←マイク使わずに生声です) 
(会場全員で) ッショイ!!

初代リーダー中澤裕子の音頭での『しょい!』だよ!?
すげ~よ~ 感激だよ~

そっか~10年か~ そりゃオイラも歳とるよなぁ
あの頃はまだ20代だもんな~(笑)

というわけで、改めまして『10周年おめでとうございます』

|

« 2007流行語大賞 | トップページ | スコップ三味線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/17242356

この記事へのトラックバック一覧です: 中澤裕子&安倍なつみ Memorial Party:

» 加護亜依、ニューヨーク留学写真をスクープ [加護亜依、ニューヨーク留学写真をスクープ]
加護ちゃんがニューヨークへ留学していたことが発覚!表向きは語学留学だが実は噂のあの彼氏との結婚が目的らしい。現地スクープ画像3枚あります。 [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 14時47分

« 2007流行語大賞 | トップページ | スコップ三味線 »