« みちYOSA観戦記[7] | トップページ | みちYOSA検証[2] »

2007年10月13日 (土)

みちYOSA検証[1]

寒くなりましたね~
季節の変わり目、健康管理には充分注意してくださいませ

そういうオイラも鼻水が・・・ ズルル(ー_ー;

みちYOSA旅行記は一応完結したんですが、事前にファイナル予想
出していたので、ソーランの時みたいにちょっと振り返ってみます

・・・まぁ今回は見事にハズしたねえ(笑) 完全に読みズレとったわ

でも傾向と対策は充分見えましたので 来年はたぶん大丈夫(^^;
いちいち細かくやってもしょうがないのでまとめてサラっといきます

●1ブロック (株)鐘崎賞

予想
▲舞都
◎桜家一門YOSAKORI隊
○会津大学「慧」


結果
舞夢華幻

どのチームにもチャンスありとは書いたものの、見事に無印からファイナル進出
いやいやいや だからこそ面白かったというのもあるんですけどね
山形のチームだそうですがこの時まで一度も見たことなかった 当たり前か(^^;
学生さんチーム敗退の理由はわかりませんが、演舞のみでの評価なら決して
負けてなかったと思います  終わってすぐにも書きましたが、若干学生さんには
風当たり厳しいのカモ? ソーラン後にも書いたんですけど、仙台はさらに学生チーム
が多いだけに、どこも同じように見えてしまうというのも理由の一つかも?

●2ブロック 東北ペプシ賞

予想

マ  海童いしゃり
○ 東京農業大学YOSAKOIソーラン同好会“大黒天”
▲ 舞紅萩
◎ 東京農業大学YOSAKOIソーラン同好会“百笑”


結果
海童いしゃり

◎予想が当たらずとも、マ印が行ってくれるって一番嬉しいパターンだったり。
こちらも学生さん総くずれ(^^; 決して悪くなかったですけどね。見応えもあったし
某所で別件のイベントあったみたいでチーム分割したのが痛かった?
「いしゃり」はこのブログ始めたころから何度か紹介してますが、東北屈指の
[良いチーム](だと思っている)で、楽曲の出来も良いし、構成も凝ってます 
多分に天舞龍神の影響は受けているのでしょうが、「和」にこだわったスタイル
を貫き通している息の長いチーム マ印止まりだったのは、やはり人数の少なさ
が気になってのことだったのですが、お相手にもそれほど大所帯チームが
いなかったことも幸いしたでしょうか
個人的に「海童いしゃり」にこうしてスポットが当たったのは嬉しい限り。
といっても、生中継枠での演舞や日曜の夜のトリに近い時間帯での出番
を務めたりと、この祭りでの扱いは悪い方ではなかったし、みちYOSAでフリークの
間ではお馴染みでしょうか


●3ブロック コカコーラ賞

予想
▲ びゃっこい踊り隊
◎ OH!囃子来’Sおかわり
○ 宮城緑水蓮


結果
神威

こちらも散々な結果だなあ(^^;; もう予想屋失格だ
もうちょっとご当地仙台のみちYOSA名物チーム優位に働くのかと思ったんですが
審査はガチのようです。 今年のお囃子ライスは往年のディスコナンバーを
盛り込んだ楽しい作品になってましたがかつてと比べると寂しかったか
やっぱりあれはあれで毎年のお楽しみでもあります(^^)
あ、神威に印してなかったのは完全にオイラのミスです 
最終的にファイナルのメンツを見ると意外にも仙台勢が少なかったので、
仙台チームの意地を見せられましたね(^^)

●4ブロック アイリスオーヤマ賞

予想  
▲ 江刺華舞斗
◎ 東京理科大学Yosakoiソーラン部
○ 蔵っこ


結果
江刺華舞斗

この結果も嬉しかったなあ  オイラが東北の中で「良い」と認めてる(偉そうに・・・笑)
チームは順調に勝ち上がってくれました。 しかし、華舞斗はこの激戦ブロックを
よくぞ勝ち上がりましたね 東京理科大学もかなり凄かったんですよ、あの勢い、
これぞYOSAKOI!と感じさせる迫力がありましたし、 栃木の蔵っこもキレイだったしね
・・・関東の強豪を退けてのファイナル進出、誇れると思います おめでとう
勝因は江刺甚句と・・・あの旗使いかなぁ (^^)
このブロック、印はつけてないけど魂福よさこい連もかなり得点高いんじゃないかな


●5ブロック (チャコット賞)

予想
○ 信州大学YOSAKOI祭りサークル和っしょい
◎ 酪農学園大学
▲ 北海道東海大学~祭屋~


結果
CRAZE

ココは実際に現場で勝手に審査しながら見たブロック 印付けたチームは
どこも見応えありました。 祭屋はちょっと寂しかったけどね
平均点の高いブロックでしたが、マニエル的審査結果では
1、酪農学園 2、CRAZE 3、Wish 4、和っしょい 5、蒼天欄華 
といった感じでした(^^) だもんでその日の夜に携帯から CRAZEが良い感じ と
書いたんですけどね。 ここは踊りはぜんぜん和風ではないですが、酪農よりも
民謡がわかりやすく配されていたという印象です 序盤の片足で踊るのインパクト
ありました 上手なチームだなと感じました
酪農学園はソーランの時にはあまり感じられなかった(^^;「航海」という
テーマを感じることが出来ました やっぱり距離って大事だね

とりあえず5ブロックまでさらっと見てきましたが、おいらもまだまだ
勉強が必要ですね(^^; でも、これだから楽しいんです。
だって実際に演舞見る前に結果わかっちゃったらつまんないですからね

何度か会場で説明がありましたが、『鳴子』、『4分30秒ルール』、『民謡』
の3大原則がそれぞれ各10点 それ以外の70点分を審査員が決める
らしいです。  鳴子と民謡ではそれほど差は出ないと思うので、もしかしたら
4分30秒ルールに足元すくわれたチームはいたかもなぁなんて思っております

もっと、北海道勢や関東の学生さんたちが優勢かなと思いきや
意外にも(失礼)東北勢が残ってくれたのが嬉しいですね
外様に頼らずにみちYOSAらしさを打ち出していこうってことなのかな~?
客を呼べる(東北の)チームを育てていくって大事なことだと思うし
やっぱ、それがみちYOSAの課題でもあったと思うから
いつまでも北海道のゲストさんに頼ってばっかりはいられなですしね


とりあえずここで一旦切りま~す

|

« みちYOSA観戦記[7] | トップページ | みちYOSA検証[2] »

コメント

>Junママさん、

いらっしゃいませ~♪
YOSA関係者の中にも隠れ読者が多いようです、ココw

みちYOSAファイナル進出おめでとうございました
今までは知る人ぞ知る…だった「いしゃり」
知名度も一気に上がったんではないですかね
オイラも、影から?応援してきた一人として嬉しい
結果でした。 これからも頑張ってください
「マ」印は 進出できなかった時の残念賞のかわり
につけたんですけど必要ありませんでしたね(^^)

投稿: マニエル | 2007年10月14日 (日) 19時44分

はじめまして~宮城県海童いしゃりのJunママと申します。
マニエルさんのブログ、以前から楽しみに拝見しておりました♪今回みちよさでフアイナルに進んだことも本当に嬉しかったのですが、予想でいしゃりにマニエルさんの「マ」マークが付いていたことがとても嬉しかったです♪
これからも宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: Junママ | 2007年10月14日 (日) 12時02分

>初心者ですが…、さん

いらっしゃいませ
ハウンドドッグの曲で踊ったチームありましたね、
たしかYYY.cumaというチームだったと記憶していますが。
オイラもそれほど詳しいわけではないですけど、ご察しの
とおり、事前に申請して許可を得ていないと著作権に引っ
かかるハズです(^^; 
(ちなみに著作権の保護期間は50年なのでクラシックや
民謡など古くからある曲は無問題)

ハウンドドッグといえば仙台出身として有名なバンドで
すから、あのチームはキチンと許諾を得て使用しているん
だろうなと思って見てました
中継したTV局もその道のプロですから、そういう問題クリアした上で放送しているんではないですかね。

JASRACのHPに行ってみればもっと詳しい事がわかるはずですよ


投稿: マニエル | 2007年10月14日 (日) 11時39分

>Norickさん
まいどぉ~(^^)
はい、その審査基準は結構影響が大きかったのではないかな~と思っています。だもんでYOSAKOI先進国のチームの、オシャレアレンジで民謡っぽさがだいぶ消えてるような楽曲はちょっと「分かりにくい」と判断されたのかも?と
もしNorickさんの邪推が当たってたら、曲の出来でずいぶん左右される事になりますね

投稿: マニエル | 2007年10月14日 (日) 11時09分

>Mr.Childrenさん

札幌の審査は実はやってみたいな~と思ってます
【見る側】としての頂点ですよね(^^)

つづきは今書いてる真っ最中です 少々お待ちを 
でも、こうして楽しみにしてくれてる人がいると
思うととても嬉しいです エヘヘ♪

投稿: マニエル | 2007年10月14日 (日) 11時01分

初めまして、詳しいお方と見まして聞いてみたくて書いてみます
テレビ中継で流れた中でハウンドドッグさんの曲で踊られた所が御座いましたが
あれは使用に関して何か特別な許可が無いと著作権とかに関わるのでしょうか。

投稿: 初心者ですが… | 2007年10月14日 (日) 00時18分

審査基準を読むと、
 曲:民謡が分かりやすく活かされているか
とあるので、ソーランのように1フレーズではなく、地元の民謡をしっかり取り入れた曲が有利だったのかな。

さらに曲の点数が他の要素の満点になった(曲が10点ならその他の要素の満点が10点、曲が7点なら満点は7点)と「邪推」してます。\(^O^)/

投稿: Norick | 2007年10月13日 (土) 23時46分

素晴らしい!

続きが早く読みだいです!

来年仙台の審査でなく
札幌を是非ともお願いしたいですよー。

投稿: Mr.Children | 2007年10月13日 (土) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちYOSA検証[1]:

« みちYOSA観戦記[7] | トップページ | みちYOSA検証[2] »