« 帰ってきたアイツ | トップページ | BONフェスタ »

2007年8月 8日 (水)

祭りまつり(その1)

どうも、夏休み前編での祭り巡りを終えて普通の生活に戻っている
マニエルです(^^;; 

なんだかパッとしない天気だね~ また梅雨に戻ったみたい
祭りの時だけは持ってくれてよかったよ(^^;; 

オイラが見に行った時だけか?青森や五所川原・・津軽方面は
最終日はどんな天気だったんでしょうかね

というわけで、なかなか書けずいましたがせっかく行ってきたので
それぞれを振り返ってみたいと思います

【八戸三社大祭】
県南地方最大の祭り 豪華絢爛な歴史絵巻・圧巻です!
今年の山車の各賞はこんな感じでした

○最優秀賞
 吹上山車組
    川中島決戦 甲斐の虎「武田信玄」越後の龍「上杉謙信」
2007_08030056

○優秀賞
 新井田附祭振興会
  神々乃舞う八戸えんぶり
2007_08030095

○優秀賞
 吉田産業グループ山車組
かぐや姫 月の宴
2007_08030029

○秀作
 六日町附祭若者連
福徳七神 蕪嶋の舞
2007_08030062

○秀作
 十一日町龍組
スーパー歌舞伎『新・竹取ものがたり カグヤ』
2007_08030105

○秀作
 売市附祭山車組
歌舞伎狂言「四天王楓江戸粧」
2007_08030024

○敢闘賞
 八戸市職員互助会
風林火山・武士の守護神摩利支天と武田の軍師山本勘助
2007_08030043

○敢闘賞
 鍛冶町附祭若者連
那託の龍王征伐
2007_08030037

○敢闘賞
 淀山車組
女・七福神
2007_08030078

○伝統山車賞
 上組町若者連
日本一の桃太郎
2007_08030020

日本一の山車祭り!・・・というコトですが
どれぐらいの知名度なんでしょうね いや、実際のところ、これだけの規模の
山車が出揃う祭りってそうそう無いと思うんですけどね~ 歴史もありますし

夏休み前に東京方面に出かけますと、ねぶたとネプタと三社大祭の
ポスターはとにかくどこの駅でも見かけますので、宣伝が足りないわけ
ではないと思うんですけど・・・昼の祭りって人気無いのかな?

歴史もあるし、わざわざ見に来るだけの価値はあると思いますが、
まだまだ「観光客向け」に徹しきれてないような気がします(^^;;;


ご存知のようにもともと、各神社の例祭ですからね(^^;
しきたりを優先する以上はこれ以上は期待できないのかなぁ・・・
難しいところではありますけど
名目上はあくまでも神輿が主役で、山車は「おまけ」であるはずなんですが
客のほとんどのお目当ては山車なわけで・・・(^^;;
その辺になんとも手の施しようのないジレンマを感じます

ここは個人のブログなので例のごとく好き勝手書かせてもらいますと
(しきたりとか歴史的伝承云々はこの場では無視・・・)
やっぱ、今のままの祭り会場(コース)じゃ客呼ぶの難しいっしょ(^^;;

まず、新幹線の止まる八戸駅から遠すぎ、このタイムロスは大きいよね~
(コレは青森のねぶたも新幹線開通後ぶち当たる壁でしょうかね~)

シャトルバスとか出てる様子もなし・・しかも祭り始まると交通規制で
会場にバスが近づけない。 あと、時間も中途半端かな
【ねぶたのついで】の客を当て込むなら、三社大祭→ねぶたという2大祭りの
ハシゴが可能な時間設定にしないと・・・  
どんなにスタートに近いトコで見てても3時に始まって5時半とかまで・・
では「ねぶたのついで」で八戸で降りてくれる人いません、今でこそ乗り換えが
あるから「乗り換えついで」で八戸に寄ってくれる人もいるけど、ノンストップで
青森いけるようになったらどうだろう?

そして今のコースの弱点その2 道路狭すぎ&電線多すぎ
これは早急に解決してほしいね~ どんなに立派で豪華な山車作っても
広げて見せれなかったら意味ないっしょ(^^;
もうね、山車を全開にしながら歩けるのってホンの少しなんだもん
あとはもう亀が首引っ込めたようにギュウギュウに縮こまったままの運行
主題となってる物語の核となる主役の人形だって奥深くに沈み込んだまんまだし
陣取った場所によってはホント何がなんだかわかんない

たしかに、狭い道路をくぐり抜けたり、変形して大きく広がるのが醍醐味でも
あるんだけど、ほとんどずっとコンパクトサイズでしか運行できないってのは
ちょっと問題アリ(^^; だって、東京の方の駅に貼ってるポスターは最大限に
大きく広がってる状態の写真なんだもん、これでは『看板に偽りあり』でしょ

もっと広くて、上に電線もなくて駅に近い道路・・あるのになぁ・・・


ここ数年で観光客を倍増させてる五所川原はすごい
立侫武多のために駅の近くの電線みんな地面に埋めちゃった
駅から歩いていける距離に専用の格納施設まで作っちゃった

もちろん、「三社大祭」であるからこそ勝手にコース変えたりとか
出来ないんだろうなという事情は分るけど、本当に観光収入の柱に
するつもりならば、もっと努力が必要だろうなぁ・・・

と苦言を呈してみる(^^;;

観光客の人には動かないけども全開にして展示している前夜祭か後夜祭
がお勧めかな。

|

« 帰ってきたアイツ | トップページ | BONフェスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/16051417

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りまつり(その1):

« 帰ってきたアイツ | トップページ | BONフェスタ »