« 名古屋遠征記(1) | トップページ | 本日のマニエルその1 »

2007年8月29日 (水)

名古屋遠征記(2)

どまつり取材旅行記の続きです
(取材だったの!?)

・・・珍しく早めにレポート書いてるのにはわけがありまして・・
明日、またちょぴっとお出かけしてきます(爆)

仕事しなさい!>自分  
がばいばあちゃんも言ってたでしょ、コツコツマジメに働けって

たぶん、ドラクエ的にいったらぜったい「あそびにん」だよなあ・・・オイラ

というわけで、8/26 
やはり飲み&モンハンで3時に寝たツケは大きいわけで・・・
目は覚めたもの動く気がしない・・ 結局二度寝三度寝で起きたのが9時
やべ~よ チェックアウト10:00までですよぉ

とりあえず駅に行って職場へのお土産かって大きな荷物をコインロッカーに
預けて身軽になったところでどまつりへGO!
・・・いくら荷物軽くしても、この日もとにかく暑かったのでございます
北国育ちのマニエルさんには名古屋の夏はちょっと酷です
たぶん、青森ではこんな暑さは体験する事がないでしょう

前日にどまつりガイドブックを入手していたので名古屋各地に
まつり会場があるのも知っていたんですが、やっぱ初心者ですから
メイン会場を中心に見てみないとね(^^) という事で地下鉄にて
本日も久屋大通へ出勤です 
旅先で迷う事もなく地下鉄に乗る・・・  今となってはなんてことないですが
中学生の頃の野辺地から一歩も外の町には出たことのなかった自分から
見てみたらなんと頼もしい事でしょう(笑)
いや、あの頃は電車乗って青森市行くのもドキドキだったよ

メインステージに到着すると、本日はまだ午前中ということもあり
フリースペースはずいぶん空いてました。 札幌ではこうはいきません
最終日はファイナルコンテストのための場所取りで朝早くからフリースペースも
ほとんど満員です(今年はそうだった) 

あ、名古屋のメインステージってのは360°ステージって言うのが売りでね
4方向全てから楽しむことが可能です まぁ一応観覧席のある方を正面
として踊ってますけど、審査要素に「360°演出」ってのがあるんで各チーム
気を使ってるみたいですね
2007_08270009 2007_08270018 2007_08270026

あと、スピーカーは上から吊るすタイプで音響機材が視界の妨げにならない
し、ステージも低めで実に見やすいステージですね(^^)

ここで、石畳の上に座って見てたんですけどね 日が当たって焼けてる状態
石焼ビビンバの気持ちになれましたよ 熱いのなんのって座ってられねえ!
それでも滴る汗をタオルで拭きながら約1時間ほど見たかな(^^;;
サウナに入りながら見てるようなもんだね
ここでいくつか見たチームの中で「お!いいな~」と思ったのが

心纏い、夢道源人、チームマツザカヤ、鳴子調

といったあたりでしょうか あとから結果見てちょっとビックリ(^^;;
なるほど納得、オイラのYOSAKOIウォッチャー眼もたいしたもんだ。
いやね、出てくるチーム出てくるチームどれも初めて見るチームでしょ
だからどのチーム見ても新鮮なんだわ(^^)
どまつり勢に関しては、どこのチームが有力とかいう情報もなかったし、
事前知識もないし、オイラの眼を試されてる気分でもありました(笑)

2007_08270012
そんな中、こういう知ってるチームが出てくるとちょっとホッとします
札幌ソーランでお馴染みの『跳殿蝶嬢』です
・・・実は本祭りではタイミング合わず見逃していたのでコレが初見だったり(^^;
他にも、このどまつり用に組織された合同チームとか結構遠征してきてるみたい

さすがのオイラも1時間も焼け石の上に座ってるとうんざりしてきたので(^^;;
ここで、パレード会場に移動  やっぱパレードも見ておかなきゃでしょ
喉カラカラだったんで生ビールを買って飲むも、その場で汗になっちゃう感じ
酔うどころの話じゃない お昼時だったけど飯食う気にもならんかったからね
2007_08270042 2007_08270033 2007_08270034

2007_08270040 2007_08270052 2007_08270066

パレードの様子はこんな感じです
メインの大通公園の隣のビル街ブロックを挟んだ隣にある
大津大通りで行われます 写真では伝わりにくいんですけど
中央分離帯を挟んで隣のレーンでも50Mほどずらして同時進行・・・
意外と曲は混同しないもんなんだね すぐ隣のレーンでやるのは高知式?
札幌と違って桟敷席ないんでどこからでも見放題です
お客さんもそんなに多くなくかなり見やすい会場ですね

あ、一応動画も載せときます 雰囲気だけでもどうぞ
「2007_08270037.AVI」をダウンロード

オイラがいた東コースより西コースのほうがよさげに見えた・・・
パレードコースで見た中で  お!と思ったのは
祭りや鯛よさ仲間、安濃津よさこい あっぱれ踊り隊!!ボディパンプ
日本福士大学 夢人党、笑゛、大須笑店街☆21、六所連
といったあたりでしょうかね

パレードコースの方もだんだん人が増えてきたのとやっぱり暑くて
涼をとるために場所移動(^^;; 通り抜けるデパートのクーラーが涼しい事
何度、もう見るの止めてここでずっと涼もうかと思ったことか・・・(^^;;
なんだかマラソン大会かなんかの気分だよ

出店でカキ氷を買って再びメインステージの焼け石に座る・・・熱い
このカキ氷が本当に美味かった・・・心の底からありがたかった
あぁ、生きててよかった 氷ってこんなにオイシイのか
・・・こんな辛い思いするならYOSAKOウォッチャー辞めようかな
あぁたぶん函館の道南大会はきっと涼しいんだろうなあ・・・

2007_08270082 2007_08270083
意識が朦朧として少し眠くなってきたところで 真の武士(もののふ)が!
そ、その甲冑、さぞかし熱いでしょうねえ(^^;;
ここの時間帯で見たチームで気になったのは
ムギョウ~無形~、特選こいや丼(総踊り)、豊橋舞花連

ファイナルの時間もせまり客も増えてきたので、この近くで行けそうな
会場に行ってみる事に・・・ またまた場所移動です
ナディアパーク前広場 さっきのパレードコースのさらに1ブロックとなりの会場
こちらも観覧席はフリーの石段・・・ 見事に焼けてます タオルとか上着とか
敷いて座るんだけどそれでもケツが熱い! 一回ホットプレートの上に座ってみ

2007_08270087 2007_08270092 2007_08270095

2007_08270093 2007_08270098 2007_08270085
演舞の様子はこんな感じです ホントいろんなチームが居ますね
おっと、見たことのある石川県のチームも(^^)
広場・・っつっても小学校のグランドみたいな土のステージですよ
土ぼこりがすごいから演舞の合間にスタッフがじょうろで水撒きします

でもね、なぜかカメラ小僧(おじさん)からは人気のある会場らしい
正面から踊り子さんの表情を近くで撮れるのがいいみたいですね
たしかに、それほど混んでなかったし見やすい会場ではありますね

ここで気に入ったチームはGypsy、常磐
動画もどうぞ 上のほうは総踊りなんですがセントレアの曲です面白いね~

「2007_08270097.AVI」をダウンロード

「2007_08270106.AVI」をダウンロード

時間になったので再びメインステージへ移動~
動かずにずっとそこにいたらそんなに汗かかんでも済むのに・・・

うん、実は特別観覧席のチケット押さえてたのよね(^^;

2007_08270108
観覧席からの眺めはこんな感じです ね、後ろに席があるでしょ(応援席)
で黒い幕のところが入退場口となっております

2007_08270113 2007_08270115 2007_08270125

2007_08270124 2007_08270134 2007_08270112

太陽もビルの陰に隠れずいぶん見やすかったです(^^)
最後の写真はお馴染みの平・岸・天・神・だ~~!ですね
客は喜んでたけどコレやると応援席の客から見えなくなるね(^^;;

天神さんは毎年ゲストとして一回目から参加してるそうです
2曲披露してました

動画はこちら おや?この曲の声は・・・?
「2007_08270123.AVI」をダウンロード

どまつり見物最後のブロック、マニエル的に気に入ったチームは
三重情熱組、コンコン豊川、きらら岡崎 あたりかな

どまつり、面白いんだけど暑いよ(笑)
まさかYOSAKOIウォッチャーであることを後悔することになるとは・・・
恐るべし名古屋の猛暑・・・

この後、いよいよファイナルコンテストだったのですがここで
久屋大通を後にしてふたたびkonmoniさんやサーフさんと合流
最後にきしめん食べて帰ってきました(^^)

どまつりの結果は気になってたので帰りの新幹線から携帯サイトで確認
結局なかなか更新されなかったんで情報系MLで知ったんですがね
面白い結果になってました(^^)

ソーラン本祭がいよいよダンスコンテストとしての色が強くなっているのに
対して、どまつりは上手いとか綺麗とかの芸術性だけではなく、「祭りらしさ」
というのを大事にしているような気がしました。
運営スタイルもロケーションもほとんど札幌と同じなんだけど、おそらく審査方針
というのがまったく違うんでしょう。 札幌で思うように結果が出ないチームがここで
上位に食い込んだり、逆にこっちでファイナル常連チームが思うように札幌で結果
が出せないのはそういうことなんだと思うし。
どっちがどうってっわけじゃなくて、今やってるチームのみなさんには自分たちの
スタイルを信じて頑張って続けて欲しいなと思います(^^)

ホント、暑い中どまつり参加チームのみなさんお疲れ様でした
オイラもいろいろ勉強になりましたよ 

本当なら来年も行きたい!って言いたいところですが
アノ暑さはちょっと勘弁して欲しいなあ・・・











 

|

« 名古屋遠征記(1) | トップページ | 本日のマニエルその1 »

コメント

>Mr.childrenさん、

函館も暑かったですか
道南大会も盛り上がったんでしょうね
青森はもうだいぶ涼しくなり秋を感じています

投稿: マニエル | 2007年9月 2日 (日) 11時17分

え~函館は、この日最高気温は30度に届く勢いでございました。

前日居た東京と大した代わり映えしなかった気が致します。

ほんとに残暑お見舞い申し上げます!

投稿: Mr.children | 2007年8月31日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋遠征記(2):

« 名古屋遠征記(1) | トップページ | 本日のマニエルその1 »