« とりあえず | トップページ | 狩り日和? »

2007年7月 4日 (水)

ぶるー・ブルー・バースディ感想

ドラマスペシャル「新幹線ガール」見ましたが・・・
このテのノリはあんまり好きじゃないのよね(^^;
原作の本の方はちょっと面白そうだなと思いますけど

てか、あんな人達新幹線に乗ってる?(^^;
ワゴンの売り子さんは知ってるけどさ、あんな気取った感じじゃなくね?

とまぁ、ドラマの感想はほどほどにしときまして本題

●本日のエンタ
「ぶるー・ブルー・バースディ」 (07/02 東京芸術劇場


はい、この度のエンタ鑑賞ツアー・・・まぁどうせ行くならってことでいろいろと
見てきたわけですけど、どれから先に書いていいものか迷ったんですが
これから行きます。 もう終わっちゃったしね

ま~アレですよ、今回のツアー開催の一番のきっかけといってもいいでしょう
いしだ壱成&中澤裕子の2人が主演の舞台です
シチュエーションコメディってやつですね ドタバタ劇(^-^)
去年の「戸惑いの日曜日」もそうでしたけど、あれこれ深く考えることなく
とにかく誰もが楽しめるお話でした。 舞台観劇初心者にオススメです

しがない銀行マンの家に、スタンガンとダイナマイトで武装した男が
その家族を人質にとって立てこもるというお話(^^;
でもって、その家にはたまたま保険の営業マンと、主人の誕生日のために
サプライズ要員として雇われた便利屋が偶然居合わせて・・・
それぞれがキャラクター強烈で、もうしっちゃかめっちゃか(笑)

コメディですからね、かなり笑えましたよ。アドリブも連発だし
たぶん、何回見ても楽しめるんでしょうね
途中、犯人役の住田さんが暴走しすぎて、娘役の須藤温子ちゃんに
「抱いて!」とか言ってしまい、劇中でかなり責められてました(爆)

個人的に感心したのはいしだ壱成さんの熱演ぶりですね(汗びっしょり)
スタンガンでバチバチやられた時のリアクションとか表情とかお笑い芸人並み
二枚目でクールなイメージがあったけどこういうカッコ悪い役もなかなか上手い。
中澤さんは中澤さんで、夫を夫と思っていないような、恐い奥さん役(^^;
睨んだり凄んだり怒鳴ったり(そのくせイケメンの保険の営業マンには猫なで声)
いや~この役はとっても中澤さんにハマリ役でしたね
なんでこのお話が来たのかちょっとわかるような気がする

この前日に見たレミゼラブルがかなり重かっただけに(ジャンルが違いすぎ)、
ずいぶん ユル~い気持ちで楽しめました 時間的にも2時間ほどと短め
席も3列目ということで演者さんの表情や息使いも分る様な距離でしたし(^^)
実はそれほど期待してなかった部分もあるんですが(爆)かなり面白い舞台
でした。 女優・中澤裕子・・と言うほど演技力は必要なかったかもね
普段もあれぐらいの感情の起伏の激しい人なので(^^;

とりあえずDVDになって発売されるようなので楽しみにしようと思います

他のキャストさんいついて・・・

犯人役の住田さんは終盤までマスクかぶったままなのでかなり暑そうだった(^^;
須藤温子ちゃんへのセクハラアドリブは・・・面白かったので許す
便利屋の蛭子クンって、岩手出身の設定だけどホントは青森出身だよね? 
訛りがネイティブだな~と思ったもの そう、あの電波初年で真中瞳と一緒に
穴掘ってた人です(^^) 元気に役者やってたんだな~
須藤温子ちゃんてカワイイね(^^) 雰囲気が市井紗耶香っぽく感じてしまったのは
オイラだけでしょうか?
この日は、お笑いゲストがあのアンジャッシュ 
(犯人が立てこもってるという状況にもかかわらず、みんなでテレビの
お笑い番組を見るという流れがあるのです)
思いがけずメジャーな芸人さんが生で見れて得した気分です 
速報したとおり、ネタは「幼稚園での桃太郎の劇」
あの、キジだけがリアルに描かれてるというあれです
「僕が鬼の眼球をつついてやりますケーン!」(笑)
どっちも背高くてカッコイイじゃん。 カーテンコールの時に児島が他のみんなより
早く顔を上げてしまうというボケをしつこくやってました(^^;

遠征から戻ってみれば、その中澤さんから、久々に一緒に海外行きませんか
とのお誘いアリ(^^; さて、どうしたものか。

|

« とりあえず | トップページ | 狩り日和? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/15654037

この記事へのトラックバック一覧です: ぶるー・ブルー・バースディ感想:

« とりあえず | トップページ | 狩り日和? »