« お披露目会 | トップページ | レ・ミゼラブル »

2007年7月 8日 (日)

CATS

どうも、本日は日曜出勤だったマニエルです
明日頑張ったらお休みです

さて、オイラのエンタ鑑賞ツアーから早くも一週間が経とうとしてます
いろいろ見たくせにまだろくにレポとか書いてないので忘れないうちに
書いていこうと思います(^^)

●本日のエンタ
劇団四季ミュージカル「CATS」 (7/1 キャッツ・シアター)
070708_211907

やってるうちに一度は見ておきたいな~と思ってたミュージカル
やばいモノ見ちゃったか? この出会い・・・ちょっとハマってしまいような予感(爆)
うん、とりあえず見たことない人は死ぬまでに一回見といても損しないと思うよ(^^;

劇場は「キャッツ・シアター」、もちろんこの演目のために作られた劇場なんですがね、
もう会場に入った瞬間から完全にキャッツワールドに引き込まれます
客席がね、都会のゴミ溜め場の中にあるんですよ(笑) 
そこかしこにゴミ飾られてるんです 自転車にギターにオーブントースター
お菓子の袋からたまごっちや鼻メガネまで・・ いろんな巨大ゴミに囲まれた
中の客席。ステージ上ももちろんゴミだらけ こういうこだわり・・・「スキ」です(^^) 

そう、猫ちゃん目線なので、ゴミのひとつひとつが大きく作られてるんで
まるで自分までネコになったような気分。  ファンタジーだよねぇ
うん、このゴミの山wを見るだけでも飽きないかも?

そんな都会のゴミ捨て場に、個性豊かな野良猫たちが集ってきます。
今夜は最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶための年に一度の舞踏会
長老猫の前でそれぞれの猫たちが歌やダンスを披露していく
果たして、新しい人生を生きること(再生)を許される猫は誰か―

・・という、簡単なストーリーこそありますけど
それぞれの猫たちの歌、ダンスがメインのダンス・ミュージカルです
猫の生き方にあわせて様々なジャンルの楽曲が用意されているんですが
本当にどれも見ごたえたっぷりでした 踊りも個性あるし

俳優さんたちのなりきりぶりも必見ですよ。この人達ホントに猫じゃないの?
と思っちゃうほどのネコっぷりですよ(なんだそれ!) 
会場のあちこち(2階席からも!?)から音も立てずに登場したり、
仕草もかなりネコっぽい。 ステージのみならず、会場全体を使って
物語は進行していきます。イリュージョン的な要素もあったり舞台装置も
大仕掛けで、もう完全にキャッツワールドにはまっちゃいましたね

それぞれの猫たちに見せ場があるんですが、その間のほかの猫たちの
立ち振る舞いにも要注目 勝手気ままなネコの生態をうまーく表現してるな
と感心 そういうのも含めてもう一回いや何度か見てみたいと思いました(^^)

ストーリーもね、あまり詳しくは書きませんけど、後半はかなり感動的です
名曲「メモリー」もすごく染みました。 ダンス好きの人と、猫好きの人には
お勧めです(^^) あと、こういう世界にすぐに入っていける感受性の豊かな人
は是非見てみ  ってそう簡単にはいけないのが田舎モノの辛いトコだよなぁ

劇中、何度かすぐ近くの通路にもネコちゃんたちがやってきます
近くで見るとちょっと怖いメイク(^^; でもね、遠くから見てると猫ちゃんに
見えてくるのよ。 ちょこんと座ってる姿とかカワイイよ~ 
最後の方では通路側の席を狙ってとれば猫ちゃんたちが握手してくれます

この日のカーテンコールは日曜ということもあって多め?
10回ぐらいは出てきたんじゃないかな(^^;;

ひさびさにズガァ~ンと衝撃受けましたね
なんでもっと早く出会ってなかったんだろう・・・ やっぱエンタ鑑賞やめられません

オイラはどちらかといえば犬派なんですけど(^^;、ちょっと猫好きになったかも?

|

« お披露目会 | トップページ | レ・ミゼラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/15697418

この記事へのトラックバック一覧です: CATS:

« お披露目会 | トップページ | レ・ミゼラブル »