« 松竹アムゼ | トップページ | 気がつけば40000 »

2007年3月31日 (土)

『五重塔』舞台挨拶

行って来ましたよ~ 「五重塔」 舞台挨拶

tsさんと合流できたの6時過ぎでしたがそれほど並んでいませんでした(^^;; 
やっぱりか
それでも遠方からいらしてた飯田さんファンの熱さに感動です

ちょうど入場した時に津田アナと竹内アナがロビーにいて、お客さんたちと
記念撮影とかしてました

●本日の映画
『五重塔』+舞台挨拶 (3/31 19:00~ 青森松竹アムゼ)


入場してビックリしたのが劇場の小ささ(^^;;
こんな小さい映画館に入ったのは久しぶりです
収容150人ほどというのは 横15席の縦10列ですね(^^;;

んで、先に並んでいたウチラ含めた約20人は映画館ではありえない
前方席を迷わずGETw 挨拶の時はいいけど、映画のときは見上げな
きゃならないのでかなり首疲れそう・・

んで、舞台挨拶というとスクリーンの前にステージがあるというイメージ
だったのですが、ステージなし。壁があるだけ
一番前のスペースを客が見下ろすというスタイルでした

まず最初に、映画の最後の方に出演しているATVアナウンサー
の津田禎アナと竹内夕己美アナ登場(^^)ゆきみんカワイイよぉ

この2人は青森で朝の情報番組をやってた2人なの青森ではおなじみ。

とくに注意事項などの説明もしないまま2人の自己紹介などのフリートークw
ゆきみんは31日付でATVを辞めてフリーになりますとか、もう飯田ヲタには
どうでもいいようなお話(^^; 3分ぐらい話してようやく監督と飯田さんを呼び込みます

客席後方より通路を通って監督&かおりん入場
(しまった、通路席確保すればよかったか!)

監督はなんだかとっても普通の人(^^;
飯田さん、べっぴんさんですよ~ オーラあるねぇ
衣装はこちらでテレビ出演してたときと同じ
ウチらが座った2列目から飯田さんまで約3mちょいですかね

しかし、凄いなと思ったのは飯田ファンのオトナさ加減
「かおり~」の掛け声ひとつ飛びません(^^;; 拍手のみ

まず、監督から「申し訳ございませんが取材の方以外の写真撮影は
お断りしておりますので」・・・と注意w 写メ撮ろうとしてる人が居たらしい
・・・あ、ヲタはそういうの当たり前だと慣れてますから 一般人でしょう
(この手の注意事項は普通司会の人が呼び込む前にやるよねww)

司会(兼出演者)2人が監督と飯田さんにインタビューする型式
まずは監督からどういう経緯で青森を舞台にした映画を作る事になった
のかとか、見所なんかのお話のあと飯田さんへ

実際に青森で撮影したのは何月ごろですかに「ふぇ?」と即答できない飯田さん
どうやら監督が話してた時に「交信」に入っていたらしい

『あれ?今って何月でしたっけ?』とか、なかなかのボケっぷり
その後の撮影時はどうでしたか?的な質問も、心ここにあらずと
いった感じであやふやな回答(かおりん、もどってこ~~い・笑) 

ゆきみん、「あまり終わったことは気にしないタイプなんですね」とか強引なフォロー

最初にこの仕事を頂いた時はビックリしたとか
グループを抜けてからソロとしては初のお芝居で不安だったとか
ガッツさんのおかげで楽しく撮影できましたとか そういうお話
例のあのフレーズは出たんですか?という話を振ったゆきみんGJです

監督が「OK!」といった後にガッツが「牧場!」というのが決まりだったそうです(笑)

最後に、アムゼのスタッフの方から2人に花束贈呈

その機に乗じて、オイラの前方にいた飯田ヲタの方が柵をくぐって
本人にプレゼントを渡そうとしてスタッフにブロックされました(^^;

しかし早かったな~
スタッフがそのヲタを睨む目が怖かったわぁ~

昨日一番緊迫した場面ですw

全部でだいたい10分ぐらいですかね

その後映画上映
頑固な津軽金山焼きの職人のところ依頼された大きな仕事を巡っての
人間関係を描いた作品です。
飯田さんの役どころは、ガッツさん(頑固職人)を父に持つしっかりものの娘役
出番はかなり多いです 飯田さんのファンは見てあげてください

あ、映画本編は、1時間17分ぐらいです





 

|

« 松竹アムゼ | トップページ | 気がつけば40000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/14466951

この記事へのトラックバック一覧です: 『五重塔』舞台挨拶:

» 月野 姫 [これいいよ]
義理の母は宝塚の大ファン。 そんな義理の母が最近注目のタカラジェンヌといえば、月野姫花だという。 とにかくいろいろなタカラジェンヌの中から、 自分だけのファンを見つけることが義理の母には楽しいみたいだ。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 09時23分

« 松竹アムゼ | トップページ | 気がつけば40000 »