« Hello!days vol.8 | トップページ | おはよー »

2007年2月12日 (月)

マニスポ改めレディースレッスル

どうも、祝日だけどちゃんと仕事してきたマニエルです

今日は大阪で中澤ファンの集いがあったようだけど、さすがに
大阪までは行けません(^^;;

はい、最近ハマっているゲーム
レッスルエンジェルスのリプレイ風妄想?日記~

●本日のゲーム
「レッスルエンジェルス サバイバー」(PS2)

ハロープロレスに大激震・・・!団体存続の危機 空中分解か!?

若手の注目株、武藤めぐみがマイティ祐希子が持つGWAヘビーのベルトへの挑戦権を獲得した。

中堅のオーガ朝比奈、ハロプロ三銃士のミミ吉原、霧島レイラ、武藤めぐみの4人で行われた
挑戦者決定ワンナイトトーナメントを制したのは武藤めぐみだった

この結果を受けて迎えた次期シリーズ開幕戦、前哨戦としてノンタイトルでの
マイティvs武藤のシングルマッチが組まれた
「なんなら今、このベルト賭けてやろうか お前が私とシングルなんて10年早いよ!」
というマイティの挑発に怒った武藤はゴング前から奇襲の先制攻撃
ペースを乱された、マイティは苦戦を強いられる。 勢いにのった武藤はそのまま攻め続け 
なんと、ノンタイトルながらマイティからシングルで初勝利!
試合後武藤は、「最終戦の後楽園でも勝って、そのベルトは私が頂きます!」とマイクアピール

迎えたシリーズ最終戦、後楽園プラザ超満員札止めのお客さんが見守る中
GWAヘビータイトルマッチが行われた。
結果・・・マイティ祐希子が底力を見せ、見事ベルトを防衛。
ハロープロレスのエースの力を示した 
武藤は、あと一歩のところでマイティ越えを果たす事は出来なかった

「まだまだヒヨっコだと思ってたけど、なかなかやるじゃない 効いたよ」
と武藤めぐみに握手の手を差し出すマイティ祐希子
「ユキさん、今日はアタシの完敗です。 でも、もっと力をつけて、いつか必ずアナタから
ベルト獲りますから」 と泣きながら握手に応える武藤
2人の健闘に観客から惜しみない拍手が送られた

と、ここで大団円の後楽園に、事件が起きる

突如として、リングに乱入したのはハロプロ三銃士の一人、ミミ吉原だった

ミミは武藤とマイティを急襲、GWAのベルトを奪って二人をリング外に蹴散らし、
マイクを握るとこう叫んだ 「次はアタシだ、アタシにやらせろ!たのむ、もう時間がないんだ!」

年齢から来る体力的な衰え、そしてかつては自分の愛弟子でありタッグパートナー
だった武藤めぐみがマイティ祐希子と肩を並べつつある状況に焦っていたのだろう
今まで自分からこういった行動は起こした事のないミミがリング上でベルト挑戦を直訴したのだ。 

再びリングに戻ったマイティがマイクを掴む
「テメエ!それがモノを頼むヤツの態度か!コラァ あったまキタ!今やってやるよ!!」
セコンドや他の選手たちもリングに上がり、大乱闘となった。 掻き鳴らされるゴング

ハロープロレスの大激震はココから始まった・・・・

前回の後楽園のミミ吉原の直訴を受けて決まった時期シリーズ最終戦
チャンピオン マイティ祐希子vsチャレンジャー ミミ吉原

精神的に焦った状態で、コンディション的にも万全ではないミミ吉原に
勝ち目はなかった。 いいとこなしで一方的にマイティに叩きのめされたミミ吉原は
試合後、何も語らず控え室に引き上げた

かつて、ハロプロ三銃士として共にハロープロレスを支えてきたマイティは久々に
ミミと戦って何を感じたのだろう・・・ 防衛に成功したマイティもまた寂しそうな表情で
控え室に消えた

翌月・・・ ミミ吉原は突然 海外へ移籍 orz
残された時間、残された体力でどこまで海外で通用するか挑戦したいということなのか

そう、ハロープロレスを盛り上げてきた三銃士が同じリングに集うことはもうない・・・

ハロープロレス三銃士 解散である

ミミと入れ替わる形で凱旋を果たしたキューティー金井は相変わらずの弱弱っぷり
お前は海外で何してた!?(笑)

そして、ハロプロを震撼させたのはミミ離脱だけではなかった
同じく三銃士として活躍してきたもう一人 霧島レイラの突然の引退表明である

霧島もまたミミと同様に年齢的な衰えに悩んでいたのだった。
ハロープロレス立ち上げ当初から、会社のために苦手な芸能活動も嫌がらずに
やってくれた霧島の引退  彼女が事務所に辞表を持ってきたのは年末だった。

ミミ吉原の離脱の直後であったが、新女EXタッグリーグ出場のためにマイティと
武藤は今シリーズ欠場、霧島レイラの引退試合の相手を務める事ができない
それでも、霧島レイラの考えは変わらない 彼女の決心も相当固いようだ

そして迎えた霧島レイラの引退ロード 
看板となる選手がいないため全3戦のショートサーキット
最終戦、霧島レイラの引退興行の舞台は彼女の故郷である岩手県。

スター選手2人が欠場する中、岩手の会場に約3000人の観客が集まった
霧島レイラの引退試合の相手として名乗りを挙げたのは、デビュー直後から付き人
としてずっとレイラと行動を共にし、愛弟子のオーガ朝比奈(青森出身)だった・・・

アイドル系レスラーの多いハロープロにおいて、異色な存在の二人は
パワー系ユニット『奥州アカデミー』としてリングに刺激を与えてきた

レイラの重い一発一発を体に刻み込むように受けるオーガ
レイラも自分が育てたオーガとのプロレスを最後まで楽しんだ
そして・・オーガ朝比奈はこの日、初めて師匠越えを果たした。
オーガ朝比奈『奥州アカデミー』卒業

自分の弟子からフォールをとられリングに大の字になっているレイラに、
泣きじゃくり抱きつくオーガ朝比奈。 男っぽい彼女が初めて見せた涙だった

引退セレモニー・・・ 10カウントゴング そして紫の紙テープがリングを埋め尽くした 

その後、霧島レイラはコーチとして後輩の育成にあたる事となる

ハロープロレスの屋台骨を支えてきたスター選手の相次ぐ脱退・・・
果たして、今後のハロープロレスはどうなっていくのか!?

つづけ・・・・



もうやばいぐらい妄想で成り立ってるな・・・ウチのレッスル





|

« Hello!days vol.8 | トップページ | おはよー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/13887148

この記事へのトラックバック一覧です: マニスポ改めレディースレッスル:

« Hello!days vol.8 | トップページ | おはよー »