« 手袋 | トップページ | 中澤FCツアーin北海道(4) »

2006年10月27日 (金)

中澤FCツアーin北海道(3)

どうも、明日の酩酊会が楽しみなマニエルです

まだまだ続きますよ 北海道ツアーレポ(^^;;
いつ完成するんだか自分でもわかりません

【10/21(土)】(FCツアー初日)

[ハロショ騒乱]
飛行機が遅れた都合により、30分間のジンギスカンタイムトライアル
を終え、追い出されるようにして店を出た参加者ご一行は、次なる目的地
へ向かうため再びヲタバスに乗る
なんだかとってもタイトなスケジュールになってるんですけど・・・
ナイナイ中居の日本一周を思い出す(^^;

配られたご案内によるとこの後は「札幌大通り公園付近自由散策」
・・・あくまでも表向きはね(^^;

はい、ここでバスに乗ったときに配られたハロショのチラシを思い出しましょう

●本日より中澤さんの札幌限定写真発売
●ツアーID持参でご来店の方に参加者限定特典生写真プレゼント

・・・この自由散策の時間中にハロショへ行くように!という指令です。

※用語解説【ハロショ】
ハロープロジェクトオフィシャルショップ の略称
モーニング娘。をはじめとするハロープロジェクトの面々を擁する
アップフロントエージェンシーが経営するオリジナルグッズショップ。
アーチストの生写真や、オリジナルグッズなどが法外な値段で売られているw
希望商品の番号を記入した購入票をレジに提出して精算後に商品を
受けとるというシステム。
ハロープロジェクトの面々の人気が低迷している今、事務所の屋台骨を
支えているのがハローショップであり、グッズヲタと呼ばれるコレクター達
だと言われている。 コメント入りや地域限定モノなど、手を変え品を変え
毎週新商品が発売されるので、通っているファンも少なくない(^^;
また、自分の住んでいる土地にハロショが無い地方のファンはコンサートなど
の遠征時にハロショに行き、持っていないものをついついまとめて購入して
しまう傾向があり、アホのように長いレシートをなびかせている。

わざわざ通常はバスを停める事なんて出来ない大通り(西3丁目あたり南側)
(ハロショのあるALTAビルから一ブロック隣の公園付近)で参加者を下ろし
ガイドさんがALTAの前まで案内してくれるという親切ぶり(^^;;
  
事前に配られたチラシには混雑が予想されるので、バスの号車ごとに
時間制限を設けて分かれて入店してくださいと利用できる時間が書かれていた
のですが、結局到着した順にそのまま全ての参加者が一斉にハロショに・・・
(スタッフから、指定された時間前に入店しても構わないとの指示あり)

それに、もともと設定されていたバス号車ごとの持ち時間20分ですよ(^^;
どう計算しても1台分40人の客を20分で捌けるわけがありません・・・

この後の様子はハロショリピーターなら簡単に想像がつきますね

もともと札幌のハロショってそんなに広いスペースじゃないんですが(^^;
そこに160人が一斉に来たのですからモー。たいへん

幸いなことにオイラ達の乗った4号車は一番早く到着し
エレベーターの場所も事前に知っていたので、かなり早く入店出来ました
ここからはもう早い者勝ちのサバイバルです
購入票と鉛筆を手に取り一目散に限定写真コーナーへ!
中澤さんの本日発売の北海道限定写真は№3555
(ほとんどの人はこの一枚だけがお目当て)

・・・・さらに、オイラは事前に北海道へ行くことを知っていた友人たちから
その他のメンバーの北海道限定写真を買ってほしいと頼まれていたので(^^;;
その子達の番号も記入w 購入票書いてるうちにもどんどん人が入ってくる
入ってくる。焦るぜ~~ 

しかしね、コレだけの中澤裕子のファンに取り囲まれた状態のハロショで
ベリとか他の子達の写真を買うのはなかなか勇気が要りました(^^;
「こんなに混んでるのに何でベリの写真なんか買ってんだ!」と罵声が聞こえて
来そうだったので、「頼まれた物ですよ」とアピールするためこれ見よがしに
メモを開いて商品確認に応じるマニエルさんなのでした。
マジで白い目で見られてましたよ(大汗)

ホント、オイラは運良く早く入店出来たので20分ほどの待ち時間で商品を
手に入れることが出来ましたが、この混乱はもうしばらく収まりそうにありません
商品もらうときにはもうギュウギュウの満員電車以上の状態だったからね(^^;
絶対に消防法にひっかっかってますよアレ

あとから入ってくる人で、みるみるうちに店のスペースから溢れ出し、
隣の店舗にも迷惑がかかり始め、警備員が駆けつける(^^;;;

「みんなが欲しいの何番~?」 「3555ー!」 というようなヲタ同士の助け合いの
声のなかに「雅は?~」「○○○○番」というのがあったのが笑えた

そんな混乱状態に在りながらも、おいらが知る限り、ヲタ同士でもめた
という話は聞かなかったので、やはり中澤ファンは紳士なのだなと一安心
逆にツアースタッフからの「ショップのスタッフさ~ん!ちゃんと指示してください」
という叱責に店員がキレながら睨み返すという場面はあったっぽい(^^;

・・うん、たぶん、この場合はショップの店員ではなくツアースタッフ側に落ち度が
あるように思うぞ(^^;  一斉に呼びこんだのはオマエ達だろう!と。

そんな状態なのでツアーIDパスと引き換えに写真をもらう列もとんでもない
事になっておりました。(二回回しを防ぐためにいちいちIDをチェック)
こちらのIDと写真との引き換えはツアースタッフさんがやってました
じゃ、コレってハロショじゃなくても出来たんじゃないの?(^^;;

ついでに、札幌限定写真1枚だけ欲しい人がほとんどだったんだから
それだけ売り場を別に用意して欲しかったですね(^^;
写真1枚分ぐらいポイントつかなくったって文句言う人いないでしょ~

2006_10240021 2006_10240027 2006_10240024
買い物が終了した人から順に、地獄絵図と化したハロショを脱出(^^;;
そこから先はやっとこさ自由散策の時間です
YOSAKOIやってない大通りというのもうちにとっては貴重かな

え~順調なように書いてますが、時間が再び大幅にズレ込んでます

バスを長いこと停められない大通りからバスに乗らなくてはいけないため
乗る人が全員揃ってから、バスが迎えにきてくれるという手筈になっていたので、
4号車全員がハロショから帰還するのを待たなくてはいけません。
早めに入店できた4号車は帰る時も一番早く全員が揃いましたが
それでも予定より30分遅れての出発

あとから入店した号車はその後さらに1時間以上はハロショで足止め食らっ
てました(^^;;

この日はあとはホテルに行くだけだったのですが、しばらく乗ってウチら4号車
がもうそろそろホテルに着こうかという頃に、大通りを出発しましたとの連絡が(^^;

とにかく一日目は仕切り段取りが最悪でした(--;;
まぁ、飛行機が遅れたのはしょうがないとしても ジンギスカン30分に短縮
ハロショでの時間の読み方、規制の仕方はアフォかと
オイラ素人でも、それは無謀だと事前に判ったもん

しかし、ジンギスカンの時間は切り詰めたくせに、ハロショでの買い物
時間はみんなが買い物終わるまで延長してたからな~ 
ちょっとどうなの!?って気もしますね(^^;;;

さて、未だにジンギスカンへの未練を断ち切れないままですが
レポのほうは一旦切ります(^^;

|

« 手袋 | トップページ | 中澤FCツアーin北海道(4) »

コメント

>かんちゃん、

初コメントありがとうございます(^^)
ほんと、レポはいつになったら出来上がるかわかりませんが
たまに~に覗きに来てくださいね

投稿: マニエル | 2006年10月28日 (土) 02時02分

乙です!何気に初コメントw
かなりの長文になりそうですね~d

投稿: かんちゃん | 2006年10月27日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/12421654

この記事へのトラックバック一覧です: 中澤FCツアーin北海道(3):

« 手袋 | トップページ | 中澤FCツアーin北海道(4) »