« 八戸遠征日記 | トップページ | 祭りツアーEX »

2006年8月 7日 (月)

青森遠征記(1)

マニエル祭り巡りツアー2006 SUMMER~五郎さんいらっしゃい~
2日目は“青森ねぶた”でした

この日は朝から単独行動
八戸同様、運行は夜からなのに、昼のうちに青森入り
目的は津軽三味線ライブとラッセランド(^^;

ねぶたといえば、2006年のねぶた各賞が発表になったようですね

ねぶた大賞
 青森山田学園 『日天 水天』 作:北村 隆
2006_08040025

知事賞

 青森菱友会 『じょんから節発祥の由来 常縁奮戦』 作:竹浪比呂央
2006_08040015

青森市長賞

 日立連合ねぶた委員会 『三国志「張飛 厳顔を降す」』 作:北村蓮明
2006_08070018

青森商工会議所会頭賞

サンロード青森 『鬼門金神』 作:千葉 作龍
2006_08040035

青森観光コンベンション協会会長賞

 NTTグループねぶた 『呂洞賓・蛟龍を討つ』 作:内山龍星
2006_08070023

最優秀制作者賞
 作:北村 隆 『日天 水天』 青森山田学園
運行・跳人賞
 青森山田学園
囃子賞

 
日立連合ねぶた委員会

結果には納得です 
竹浪さん3連覇ならず・・・でも、菱友会のねぶた大変素晴らしい出来でした。

しかし、北村隆先生強し!ですね 
やっぱ何台も手掛けるよりも一台に魂込めた方がいい結果に繋がるのかしら

※以下は個人的に気に入ったねぶた
2006_08040026 2006_08040036 2006_08040010

青森についてすぐにアスパムに向かったのですが
丁度、三味線演奏会が終わった直後。 次の公演は14:00とのことだったので
それまで近くで時間を潰す事に ホントはラッセランドまわりと三味線演奏会
のあと、県立美術館に行ってみたいな~と思ってたんですけどね

アスパムを出ると地元出身の演歌歌手で大 佳秀 という人がCD販売キャンペーン
のストリートライブをやっていた。 アキバではコスプレアイドルがストリートライブ
やってるそうですが、ラッセランドには半被着たおじさんがミニライブです 一日
10回ぐらいやってたんじゃないかな(^^;
とりあえず、なかなかYOSAKOIチックだったので記念に1枚購入

今年のねぶたの出来はどんなものかと、ラッセランドを見てまわる
ん~・・素晴らしい。 ここまでくると、「芸術作品」ですよね
言ってみれば、針金と紙で作る張り子の人形なんですけど、これほどまで
に躍動的に表現しちゃうなんて毎年の事ながら感心します。
最近はさらに色鮮やかになってますしね
もし、自分が青森市で生まれて青森市に育っていたらねぶた師を目指して
いたかもなぁ(^^;     

作り終えたからと言って、それで終りではないんですね
運行中にケガしちゃったねぶたを補修するのもねぶた師の仕事・・・
2006_08040030 2006_08040031  2006_08040042
写真は前日の運行で潰れてしまったと思われる「手」の部分を修繕する
内山龍星先生・・ 三味線聞き終わった頃にはすっかり元通りになってました。

台上げの済んでしまったねぶたですから、電気工事用の高所作業ゴンドラ
に乗っての作業です。 もちろん炎天下ですし、気温もかなり高いです
好きじゃないと出来ませんよね。 ねぶた師ってカッコイイ~

ホント、祭りが終わるまでは気が抜けないんですね

2006_08040003 2006_08040032 2006_08040033
↑は三味線音色頒布会の様子 アスパム内のミニねぶた前での演奏です
観光客もたくさん居ました(^^) 
三味線だけではなく、合間でのトークでは「訛り」も聞かせないといけませんので
出演者の方も大変です(^^; 山田モードでも書きましたけど、三味線の
音ってイイですね~、津軽三味線って弦楽器でありながら、まるで打楽器の
ように聞えてきちゃいますね。
お客さんたちも大変喜んでおられたようです

最近流行の三味線居酒屋・・・行ってみたいな 


まだねぶた運行始まってないですが一旦切ります 後半へ続く・・・・(たぶん)

明日は、祭り巡りツアーEX 山田モードで更新しますのでお楽しみに!(笑)

|

« 八戸遠征日記 | トップページ | 祭りツアーEX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/11311031

この記事へのトラックバック一覧です: 青森遠征記(1):

« 八戸遠征日記 | トップページ | 祭りツアーEX »