« ころころポカン | トップページ | 青森遠征記(1) »

2006年8月 6日 (日)

八戸遠征日記

先日のマニエルお祭り巡りツアー2006 Summer~五郎さんいらっしゃい~
八戸での三社大祭の様子を書いておきます
野口五郎情報はちょっとだけです(笑)

この日の同行者は、かめはめさん
8/2は山車の夜間運行なんですが、写真に収めるなら明るいうちがいい
ってことで早めに出発

途中、イオン下田に寄り道して ペッパーランチにて遅めで重めの朝飯。
夏休み中ということで開催されていた世界の昆虫博イベント『昆虫の森』
を覗き、おもわずはしゃぐオジサン  
見たことない虫の標本とか、テンション上がりました(^^;
アフリカの方のゴキブリとかね、もうあれはもともと地球外生物に違いない

八戸到着後、炎天下の中を歩いてお祭り広場へ
2006_080202732006_08020275  2006_08020276

ずらりと並ぶ山車に興奮するマニエルさん
う~ん、惚れ惚れしますね。 豪華絢爛歴史絵巻

よくまぁこれだけのものを毎年作りますね
ついつい写真も撮り過ぎてしまいました(^^; ここにはいくつかしか載せませんが
そのうちマイフォトにでも入れようかな。
2006_08020289 2006_08020284 2006_08020282
左から最優秀賞の吹上山車組、優秀賞の八戸市職員互助会、敢闘賞の
十一日町龍組 どの山車組も素晴らしいっす
職員互助会の山車は、主役の人形が中央に配置されたこれまでの山車には
ない構図です 迫力ありました これまで中国モノを得意としていた龍組は
戦国モノを題材にしてちょっと苦戦したかな

細かいところも凄いんです!TV中継とかではよく見えないところも
クローズアップしてみました
2006_08020280 2006_08020301 2006_08020295 (笑)

おまつり広場では瀬川さとしさんと女性の方(よく瀬川さんとのコンビで見ます)
が司会でイベントが行われてました。 女性の人、yosa夢で司会やってた人
「お祭りキャスター」?
2006_08020297 2006_08020302 2006_08020298
そして、祭りに欠かせないのがコレ 
夏の風物詩 からあげとカキ氷(^^; ババヘラアイスでも良かったんですけど
露店の鳥の唐揚げを食べると「夏だなあ」と感じます(笑)
いや、このカラアゲがねジューシーでなかなか美味でした 手ベットベトでしたが
本当は「山車のパーツ作りを体験」というイベントが目当てだったのですが
どうやらこの日ではなかった様子 残念・・・。 
八戸の山車作り技術を体得しようと思ったんですけどね~(笑)


はい、いよいよ本編 夜間運行開始です
18:00スタートということで、まだちょっと明るかったのですが
ライトアップされた山車もまたとても綺麗でした。
最初から製作段階でライトアップの仕方までちゃんと考えて作ってるんですね
ウチの田舎の野辺地でも最近山車の夜間運行が始まりましたが、ただ照明
あててるだけだもんなぁ・・見習うべきところがたくさん

はい、お目当ての人、おまっとさんでした 
合同運行、先導パトカーに続いて現れたのが野口五郎さんと三原じゅん子さん
が乗った屋台山車。大河ドラマの役どおりの扮装でございます
とりあえず「ゴロー!」と叫んでみましたが完全に無視されました・・・orz

2006_08020306 2006_08020325 2006_08020330

日が落ちると、なかなか綺麗に写らないウチのデジカメ君・・・
まぁ安物だししょうがない

最後の山車が目の前を通り過ぎた頃にはすっかり暗くなってました。
丁度、その頃コースを1周回り終えた五郎屋台が戻ってきたのですが
八戸のお客さん、その屋台カーを、ビデオカメラや携帯カメラ片手に
構えながら集団で追っかけるという暴挙に!(笑)
いやはやなんとも凄い光景でした

五郎さんも、「え!青森じゃオレってこんなに人気者?」と思った事でしょう(^^;

この日、五郎さんとじゅん子さんの乗る屋台を追っかけて行った皆さん
「田舎に泊まろう!」のロケで五郎さんが来た時は、断るんだろうな・・・(爆)

これにて一日目の日程終了~
やっぱ、八戸の山車ってすごいです 
素晴らしい造型技術ですよね ああいうの見ちゃうと自分も作りたくなっちゃいます

 

|

« ころころポカン | トップページ | 青森遠征記(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/11305540

この記事へのトラックバック一覧です: 八戸遠征日記:

« ころころポカン | トップページ | 青森遠征記(1) »