« YOSAKOI検証(2) | トップページ | YOSAKOI検証(4) »

2006年6月13日 (火)

YOSAKOI検証(3)

どうも、W杯初戦結果にガックシのマニエルです
でも、ここであきらめずに責めの姿勢で頑張って欲しいですね。

さてさて、そんなW杯よりも熱かった!?YOSAKOIソーランを
ふりかえるシリーズ、その3

【第7ブロック】
(予想)
新琴似天舞龍神(シード)
劇団果実籠
× ヤーレンソーラン積丹町&土佐山田町
 鼓
十勝港ソー乱舞
旭川華酔組

(結果)
1位 劇団果実籠
2位 新琴似天舞龍神
3位 水浅葱「夢(ドリーム)」


実はちょっとした事件が起きてます。このブロック(^^;;

しれ~っとした顔でファイナルに出ていた新琴似天舞龍神ですけど・・・・
同ブロックの劇団果実籠がセミではなく、ファイナルに残ってるということは
実は予選ブロックで果実籠に負けてますね(^^; 
今回から採用の『前年度優勝チームは即決勝』のルールがなければ、
天舞はセミファイナルだったんですね。  パレード形式の演舞と、ステージ形式の
演舞でこんなに差が出るとはねぇ・・・
たしかに天舞の作品ってあの西8丁目の二段ステージで、抜群に舞台映えするように
出来てますからね(^^) すでに決勝進出の切符持ってますから、パレード形式の
練習がおろそかになったとしてもしょうがないですし(^^;;、
逆に同ブロックに入ってしまったチームへの気遣い・・と言うか大賞チームとしての
余裕みたいなものかもなぁ・・・という気もしないでもない(^^; 
ま、そんなことはないだろうと思いますけど。
ブロック3位の水浅葱「夢(ドリーム)」は十和田からのメンバーも多数参加していた
ようですけどノーマークでした、ごめんなさいm(__)m
でも、これでまた「とわだYOSAKOI夢まつり」の楽しみも増えました(^ー^)
2006_06120022 2006_06120025 2006_06120111
(左から、新琴似/四番街、西8/果実籠、西8/水浅葱「夢」)
しかし、ウチのヘボカメラとヘッポコな腕じゃろくな写真が撮れませんな(笑)

【第8ブロック】
(予想)
新ひだか三石なるこ会
井原水産&北星学園
舞DoCoMo
× The日本海&北國新聞
札幌 男気流
手鼓舞
コカ・コーラ札幌国際大学

(結果)
1位 The日本海&北國新聞
2位 コカ・コーラ札幌国際大学
3位 井原水産&北星学園(モバイル投票によりセミ進出)


ファイナルで5位に入った「The日本海&北國新聞」についてはいろいろ言われてる
ようですね(^^; その辺もひっかかって予想では強気な印は付けられなかったんで
すが実は去年ぐらいから注目はしてました(^^;
石川県で行われてる「YOSAKOIソーラン日本海」の、いろんな
チームからの選抜隊で結成されたチームだそうで、実際に踊りも上手いです。
知らない人に、「これが今年の天舞だよ、編み笠やめたみたい」って言ったら
信じちゃいそうなぐらい天舞龍神テイスト満載(^^)というか、そのもの?
リスペクトしてるんだなぁと感じます。天舞の10周年イベントでもゲスト演舞したり
本家とも交流があるようですし公認と思っていいのかな
(そもそも公認とか非公認なんて関係ないと思いますが) 
強いチーム、上手いチームに影響を受けるのはオイラは問題ないというか
全然良い事だと思いますけどね(^^) 実際そうしてレベル上がってきてますし。
そこから先は見てる人の評価だと思います。 

新生の三石なるこ会は3位入賞も逃してしまいましたね
それだけ各チームのレベルが上がってきてるって事なんでしょうね
このブロックはけっこう粒揃いでしたね
ノーマークでしたけど、福島のチーム「郷人」もなかなか良かったです
2006_06120108 2006_06120138 2006_06120050
(左から 台湾ランタン祭隊/西8、四神∞朱雀/すすきの、木古内みそぎ~/大通北)

【第10ブロック】
第9ブロックは個人的に思い入れも強いので、先に10ブロックを振り返ります
9ブロックは次回たっぷりお届けします(^^;

(予想)
函館躍魂いさり火
石狩流星会
藤・北大&麻生自動車学校・ホンダベルノ札幌
レコット2006(笑動的革命集團コトブキ壱魅&烈夏乱舞)
室蘭百花繚蘭
北海道文教大学「跳殿蝶嬢」

(結果)
1位  函館躍魂いさり火
2位 北海道文教大学「跳殿蝶嬢」
3位 室蘭百花繚蘭

◎と○は逆でしたけど、△まで含めて上位3チーム的中(^^)
いさり火が意地を見せたね~ 素晴らしい魂のこもった演舞でした。
ソーランナイトで見たのですが、雨が強くて撮影は断念
石川流星海も良かったですね。マニエル的にはああいうチームが活躍
してくれるのが理想かな 子供も大人もみんな一緒になって参加してる
姿がとても祭りらしくて好きです(^^)
3位通過の室蘭百花繚蘭ですが、ここも今村組同様、あと一歩のところ
まで来てるのに惜しいところでファイナルに届きませんね
昨年までは支部長賞も連続で獲ってましたしかなり実力のあるチームだと
思うのですけどね。 来年も要チェックです

支部長賞とか一次審査賞を何度も獲ってるチームを「今週のスポットライト~的」
な感じで大きな舞台で見てもらうことって出来ないんですかね~(^^;

2006_06120058_1 2006_06120085 2006_06120052
左からちびっこ版いさり火こと、無限夢童(ジュニア大会2位)/西8
青森のチーム、YOSAKOIチームZE零RO/西8
新川天狗乱舞/大通北

|

« YOSAKOI検証(2) | トップページ | YOSAKOI検証(4) »

コメント

>kazuさん

初めまして、コメントありがとうございます

オイラも天舞龍神は好きなのですが、検証してビックリしました
今回のYOSAKOIソーラン、今までと若干ルールが変わりました

予選1位通過チームはファイナル進出
予選2位通過チームはセミファイナル進出
予選3位通過チームには一次審査賞

前年優勝チームはシードでファイナル進出確定。
で、補足事項として公式HPに書かれていたのが以下です


>前年度大賞チームを含むブロックについて、前年度大賞チームがブ>ロック1位の場合はその1チームのみ通過とする。また、他のチー>ムが1位の場合はその1位チームと前年度大賞チームの2チームが>通過となるので、ファイナルコンテスト進出が11チームになる。

↑これを踏まえて考えると、天舞と同ブロックの「劇団果実籠」も
セミファイナルではなく、ファイナルに上がっていたということは
天舞龍神は2位だったということになります。

http://www.yosanet.com/yosakoi/index.html

こちらが公式HPです 審査結果や携帯投票の結果も出てます。
「開催要項」の部分をクリックすると審査について詳しく見れ
ますよ。

予選で2位だったことについては、あれぐらいの大人数で
ステージでやっているようなフォーメーションを再現するとなる
と移動などがせわしなく、ごちゃごちゃした印象になってしまった
のではないかと分析しています。 最近、平岸天神がステージ用
とパレード用に別の曲を用意してるのもそういう理由じゃないかと
思うんですよね。 新琴似天部龍神の作品はやっぱり西8丁目
のメインステージでこそ一番見栄えがするように出来ていると
思うので、(あの2段ステージを想定して作り込んでいるハズ)
パレード形式で他のチームに負けていても、ステージ形式では
逆転優勝なんてこともあるんだろうなと思っています。

シードなんですから、最初から予選審査はナシにして、それ
以外のチームで1位~3位までを決めて他のブロックと同じ方法
でセミ、ファイナル進出チームを選出した方が判りやすいと思う
のですけどね(^^;

投稿: マニエル | 2006年6月14日 (水) 22時28分

はじめまして、ヨサコイ好きです。
YOSAKOI検証3を見て驚いてます。
大賞の天舞が予選2位だったなんて・・・・
どこかに予選結果って載っているのでしょうか???

投稿: kazu | 2006年6月14日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YOSAKOI検証(3):

« YOSAKOI検証(2) | トップページ | YOSAKOI検証(4) »