« いま、帰宅 | トップページ | 33の物語(後編) »

2006年6月20日 (火)

33の物語(前編)

どうも、3時間に渡って行われた中澤姐さんのコンサート?の余韻冷めやらぬ
マニエルです。 聞きたい?知りたい? しょうがねぇ、レポ書くか(笑)
中澤裕子BIRATHDAY SPECIAL レポ 始まり始まり~
※裕ちゃんのトーク内容はメモを元にしての要約です(録音してるわけではないので)

●本日のお誕生日会
「中澤裕子」 Birthday Special~33の物語~


まず、最初に・・・ チケットの半券が今手元にあるんですけどね
「コンサート」とも「ライブ」とも書いてません
そう、先に言っちゃうと、このイベントは中澤裕子誕生日会でした。

ウチらがZeppに到着したときにはもう入場列ができてました
今回のグッズのタオルやらTシャツを身にまとったおじさん達がいっぱい
季節柄どこのチームのサポーターだ?と思わんばかりの紫の集団
(これみよがしに「NAKAZAWA」「33」と書いてあるので、中澤裕子は33歳です
と宣伝して歩いてるようなもんだな)
ちなみに、ここ数年のFCツアーで良く見る顔ぶれが多数でした
ま、当然そうなりますわなぁ  しかし月曜日だというのにこんなにも全国から
よくも集まったもんだ>ダメ人間どもめ!(自分含め)

オイラが物販買った直後、売り切れた商品が出たとのこと(^^;あぶね~あぶね~

あ、そうそう会場のZeppですが、花道ステージありました。
ちょっとビックリしました(^^; おかげで花道最前からは5列目の良席でした

んじゃ本編スタート

オープニング
苗場バースデーバスツアー(2005)のVTR放映


苗場の時のカウントダウンの様子がスクリーンで流されます(けっこう長い)
あの時の感動が甦る。 この導入部分からして普段のコンサートとは違うん
だなというのは直感的に感じました

01.長良川の晴れ


1曲目は何で来るのかと思ってたら、オイラの一番好きなこの曲
もちろんお行儀のいい裕ちゃんファンは座ったまま歌に酔いしれます
裕ちゃんの衣装は赤い、いかにも誕生日の主役!
ってな感じのお姫様ドレス。千秋みたい(^^;

MC


毎度の事ですけど今回もMC多かったです
全て伝えきれないのが残念ですわ
「33歳になりましたーーーーーっ!!」とすっかり吹っ切れた様子の裕ちゃん。
(半分やけくそ?笑)
やっぱり一人でこうしてみんなの前に立つのは緊張しますという挨拶(^^)
「今日最終の電車とか飛行機とかとってないよね?先に言っておくけど、
たぶん、間に合わないと思います」と裕ちゃん本人から事前告知があったのも
このOPトークの時です。 平日に集めておいて、なんちゅー人だ(^^;
でも客は大盛り上がりです オールナイトでも付き合う覚悟は出来ていたことでしょう

「明日仕事でどうしても帰らなきゃならない人は無理しないでそーっと出ていって
 ください。・・ あ、明日仕事なんだな・・と察しますので」 だって(^^;

昨日父の日だったという事もあって、天国のお父さんに届いて欲しいという思いを
こめてしっとりと歌った1曲目ですが、今日は懐かしい曲も歌っていこうと思います
次の曲は、モーニング娘。時代の2ndアルバム「セカンドモーニング」から・・・

02.恋の始発列車
03.DANCEするのだ!


いや~懐かしい!!
「恋の始発列車」だって・・・ 思い出すなぁ 上の国(^^;
「DANCEするのだ!」は現場で聴くのはかなり久々でした
お行儀のいい裕ちゃんファンですが、このときは立ち上がり、熱かった青春時代に
を思い出しつつ必死にフリってましたよ(^^) メリハリは大切ですね
キレはないかも知れんが、ベリや℃のヲタにも負けてないっす(ちょっと嬉しかった) 
もう何年もブランクあるハズなのにみなさん体が覚えているんでしょうね~

懐かしい2曲を続けたあと、
「疲れたぜー」と裕ちゃん そりゃ一人だし相当しんどいでしょうね(^-^)
「これ最後に歌ったのいつだろうね~」なんて、選曲にまつわるエピソード
今回のバースデースペシャルの選曲をするために、今までの楽曲に
耳を通していた頃、なっちからのメール
【恋の始発列車ってさ、なんか良くない?】
偶然にも安倍さんも過去の名曲再検証したたらしく、この曲を決めたそうです(^^)

ここから先、裕ちゃんのこれまでの人生を歌やトークと共に振り返っていこうと
いうコーナーになります もちろん言われるまでもなく再び着席
(だって裕ちゃんのトーク長いし。笑)
スクリーンに写真が映し出されて、それについて裕ちゃんがコメントしていく
という、いかにもお誕生日らしい企画  一緒にアルバムを見てるような感じですね
客は「おー!」だとか「カワイイ!」とか「ヒューヒュー!」とかそんなリアクション

・・・で、ふと思ったのですが
コレってずっと裕ちゃんの事を応援している裕子オシにとってはこれ以上ない
素敵な企画だったと思うんですけど。そうじゃない人はどうだったんでしょうね。(^^;

以下、覚えてる範囲で紹介された写真&コメントを抜粋

●赤ちゃんの頃の写真 (栄養失調になりかけた おでこ全開)
●3歳ぐらいの頃の写真(靴下の裏のガムだかゴミをとろうとしてるのがお気に入り)

当時25歳お母さん玲子さんがキレイやわ~

●幼稚園の頃の写真 (目立ちたがり屋で演奏会では大太鼓の担当だった。ピンクレディに憧れて歌の世界に興味をもったのもこの頃でした)
●幼稚園年長(集合写真で笑わない子だった )


どれがあたしだかわかりますか?
ちゃんと裕ちゃんの子供時代の顔を判別できる裕ちゃんファン。

●小学生低学年の頃(玉入れ競争大嫌いなハズのにめっちゃ笑顔)
●小学校高学年(リングのバトン?を使って応援団 やっぱろ目立ちたがり)


客からの「どこに裕ちゃんいるんだろ?」というボケに
「せやな、これ、どこにいるかわかるかなっ~?って、一人しか写ってへんやん!」
とノリツッコミを見せる裕ちゃん、グッジョブ!客も。
裕ちゃんのトークライブって終始こんな感じですよ(^^)
この、小学校高学年の頃の写真には「萌え」た人多数(笑)
当時の裕ちゃん、今のキッズの子達にもぜんぜん負けてないですよ

●中学校卒業の時の恩師との2ショット写真
(人間関係で悩んでいた自分を救ってくれたヒロタ先生との思い出 )

ちょっと重いエピソードにしんみりする客
「しんみりすることちゃうよ!笑ってくれな!」

●高校生の写真(修学旅行の写真・・なぜか拳を握って突き出してる)
これもリアクション大きかったですね~ 
マジかわいいっす 高校時代の裕ちゃん

●成人式(もろヤンキー丸出し 今まで何度か番組の企画で持ってったけど事務所NG・笑)
●OL時代(1)(なぜか公園にいってバドミントンしているさわやかな写真)
●OL時代(2) コアラとの2ショット写真
 (オーストラリア旅行、バンジーやったりスキューバをしたビンボー旅行だった)

この頃はまだ会社にもちゃんと行ってました・笑

●ロックボーカリストオーディション大阪予選組の写真(平家みっちゃんもいるよ)

このオーディションで、つんくさんの思いつきで、
「次は中澤のバラード、固い曲」が聴いてみたいということで課題曲が出されて
この曲を歌いました・・・  とこの写真トークからの流れで歌へ

04.めちゃくちゃに泣いてしまいたい(工藤静香)


ワンコーラスだけでしたが、とても良かったです
実はオイラ、この頃はまだASAYAN見始めてなかったので
裕ちゃんが歌う「めちゃくちゃに~」をちゃんと聴いたのは初でした。良かったです
途中で歌詞忘れしましたけどね(^^;
再び写真トークへ

●みっちいとの2ショット(ロックボーカリストオーデション終了後 コレで終わりかと思ったら・・・ )
●愛の種の手売りの頃の写真
(ファンの人から貰った写真 当時は写真を撮ってる余裕がなくて、まとものが
残ってない。 他の4人は写ってるのになぜか圭織だけ写ってない)
●娘。としてサイパンでの写真集のオフショット いい写真が無くて東京で取り直した
モーニング刑事。の頃の写真 (今となっては恐くてあの映画見れない)

あれ?こんな子いたっけ? あ・・・どうやら矢口だわ と今とは全然違う矢口を
からかうネタあり(^^; どっかで逆襲されるぞ
●友人の結婚式での写真(裕ちゃんの本でも紹介されてる親友、悦ちゃんの結婚式での写真)
●娘。時代ラストの中澤裕子
(卒コンの日に自分で撮ったセルフショット。めっちゃくちゃ気合が入ってて
 恐いぐらいの写真)

●「二人暮し」のジャケット撮影時の写真(28歳の誕生日は「二人暮し」のレコーディング)
28歳から29歳になる夜に書いた日記も紹介
本人は当時と~~っても悩んでたみたいですね

05.二人暮し

上記の写真トークからの流れです
娘。卒業後、ソロとして初のシングルですから、今回のイベントには
必要な曲でしょうね 

●ミュージカルの舞台裏での写真
(演出家との2ショット写真、なぜ坂本君の名前を出さないんでしょう^^;)


06.HERO(ミュージカル「フットルース」より)

ということでミュージカルでエリエルとして歌ったこの曲。
カッコイイな~ 声出てましたよ(^^)
この曲は出だしこそ静かですけど、途中からかなり盛り上がるので
客もそれに合わせて立ち上がってノリノリです

カレンダー撮影時のオフショット(この時29歳の誕生日でした)

●欽ちゃんとの2ショット(明治座での舞台で一緒だった欽ちゃんさん、大好き)
●ほーむめーかー公式写真(子役の田中冴樹クンはNHK連ドラでも活躍)

いずみさ~ん!と自分の写真に手を振る裕ちゃん(^^;
●花ちゃんタロ君との3ショット(壊れる裕ちゃん)←順番よくわかんないけどどっかにあった


07.DO MY BEST
ほーむめーかーの主題歌だったこの曲
ここも立ち上がってみんなで「一生け・ん・め・い」しました

ここで衣装チェンジのため裕ちゃんがはけて、スライド上映とナレーション

 31歳の誕生日はナッチコンサートで祝ってもらいました
●HPオールスターズ写真(30過ぎて制服着れるのもハロプロのおかげ)
●プリプリピンク写真(32歳の誕生日ツアーでプリピンソロverお披露目)
●生駒芙美子写真(昨年から今年にかけて演じたふーちゃん、15歳で~す)


・・・・・かな~り長くなってしまいましたが、ようやくここで写真と共に裕ちゃん
のコレまでを振り返るコーナー終了
でも、ここまでワンコーラスのものも含めてまだ7曲しか歌ってないです
この時点でかなりの長丁場になるなと覚悟しましたよ(^^)

というわけで一旦ここで切りますね
続きは今日中にUP出来るかな~(^^;;


|

« いま、帰宅 | トップページ | 33の物語(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/10608653

この記事へのトラックバック一覧です: 33の物語(前編):

« いま、帰宅 | トップページ | 33の物語(後編) »