« うちの猫 | トップページ | 春のねぶた »

2006年5月 4日 (木)

YOSAKOIの話

GW真っ只中でございます
ハロプロヲタ的にはけっこう重要なイベントとかがあるにも関わらず、
遠征することもなく、こうしてハロ以外の記事を書いていると、ハロヲタ卒業
したような気分になりますね(笑)
少なくとも、ハロ以外は全く目に入らないようなイタ~い盲目的なヲタでは
ないだろうと言うのはアピールできてるかなと思ったり(^^;;

さてさて・・たぶん、ウチのブログでちゃんと触れるのは初かな
ここ数年、オイラがハロプロの次に重点を置いて趣味としているのが
「YOSAKOI」です。

ハロプロ系のイベントよりもこっちを優先させることも少なくないですからね(^^;
 
最近は全国各地でやっていますので、一度は目にしたことがある方も
いらっしゃるでしょうけど、簡単にいうと集団でのダンスパフォーマンス
のイベントです(^^; 一応「お祭り」ということになってますけどね。
ミュージカル等での群舞が好きな人なら結構ハマるんじゃないかな

一応ルールは2点だけあって、

●鳴子と呼ばれる道具を持つ事
●曲に民謡をとり入れること

あとはメイクも衣装も曲のアレンジも振り付けも完全に自由
レゲエだろうが、ロックだろうが、パラパラだろうが何でもアリ。
それだけにチームによって出来上がる作品も全く違ってくるのです

上手なチーム、そうでないチーム、千差万別ではありますが
強豪と呼ばれるチーム、固定ファンもたくさん居るようなチームの
観客に感動を与える演舞、踊り子のエネルギーが伝わる演舞は
素人が発信するエンターテインメントの中では最高峰だと思います。

野外でやることが多いため、冬場はオフシーズンとなるのですが
暖かくなってきましたので、今年もYOSAKOIシーズンが始まります(^^)

といっても、もちろんオイラは踊る方ではなく、見る方専門です(^^;;
ホント、チームによって様々な色がありますので、感覚としては
コンサート見に行ってるのに近いかな。
エンターテインメントウォッチャーとしてはやっぱり、YOSAKOIの踊り
ひとつにしても、作品として曲のデキ、衣装、振り付け、構成などいろいろと
評価しながら見るだけでも楽しくてしょうがないのですよ(^^)
この時期になるとワクワクします

YOSAKOIで素人さんの素晴らしい踊りを見るようになってからですかね~
コンサートで中途半端なフリマネ(タコ踊り)が恥ずかしくて出来なくなったのは(^^;

というわけで、明日(日付変わって今日)
YOSAKOIとねぶたのコラボレーションという新しい祭りを見に行って来ます!

|

« うちの猫 | トップページ | 春のねぶた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YOSAKOIの話:

« うちの猫 | トップページ | 春のねぶた »