« ハロプロのスポフェス その1 | トップページ | スポフェスレポの途中ですが »

2006年3月21日 (火)

ハロプロのスポフェス その2

さてさて、早いとこ完成させちゃいたい
「Helli!Project SPORTS FESTIVAL2006 inさいたまスーパーアリーナ」観戦記
の続きでございます。

ようやく開会式スタート!
ここでようやく矢口がMC席でのコメンテーターとして参加だと気づく(^^;

いや~この矢口の解説ぶりがなかなか面白かったですわ
本来ならハロメンと共に競技に参加して欲しい気もしますが、あれぐらい
ヲタ向けに気の利いたコメント出来るなら、あの役割一人は必要かも。
裕ちゃんからはかなり妬まれていたようですけど(^^;


大型ビジョンで選手一人一人が紹介される中、レッドトマトチームから入場
客席に手を振りながらトラックを一週(^^) オリンピックみたいですね
場内のヲタのみなさんはアピールに必死

裕ちゃんからの優勝旗返還と各チームのリーダー&サブリーダー
(中澤 飯田 稲葉 安倍)による選手宣誓
なぜかなっちが自分のセリフを言った後に笑い出す(何がおかしいんだ?)
ま、安倍さんは前回特殊な事情により参加出来ませんでしたからね
この場に居れるだけで嬉しかったのかもしれません

開会式の後いったん選手退場、BGMにGo girlが流れるがすごい盛り上がり
長丁場なんだからそんなに最初からとばさなくても・・

いちおう100M走

昨年までのタイムを参考に50センチずつハンデを着けての勝負
タイムの早い人は、遅い人の2Mぐらい後ろからのスタートになるので
いちおうも何も(100M)では無いような気がするのだが・・(^^;
出走前に全てのメンバーにコメントを意気込みを聞くので、普段喋る
機会が無いコ達にもマイクが向けられます。

・・・結果は一応記録はしてありますが、各方面のサイトに
載ってるようなので割愛しますね(^^;;
毎回のことなのですが、ここはもう完全に勝ち馬予想モードでの
観戦となりました(笑) 「里田-菅谷の一点勝負!」とかそんな感じ

各メンバーのコメントで覚えてるのは、何の脈略もなく「みなさんハッピーですか?」
と客に持ちネタを強要する石川さん、「さいたま走り」で勝つと言いつつ4着の
吉澤さん、「ゴールにおいしいご褒美があると思って走ります」と言って笑い
をとった紺野、こんな場でも「スケバン刑事」の宣伝を忘れない松浦さん
あたりが印象に残ってます(^^; あややに関しては終始「スケバン」
ネタで推してました、いや~良い宣伝になりましたね

MC席からのナイスコメントとしては、矢口が言ったか実況が言ったか忘れたが
「ハロプロのイナバ(稲葉)ウァ~」、マイマイと裕ちゃんの2ショットに「親子だ!」
とつっこんだ矢口はなかなか盛り上げたと思います。

イナバウァ~はこの日の流行語大勝です(まぁ時期的にもね)
もちろん当のあっちゅ本人はああいうノリの人ですので
稲葉によるイナバウァ~も披露してくれました(^^)

足が遅い人でも活躍できるらしいハンデ戦、第8競争の辻さん
が犠牲者に・・(^^; さすがに2m以上のハンデはキツかったか?
ありえない5位という結果に「チョック」(超+ショック)らしい

最終レース、いくらハンデがあるとはいえ、雅、藤本、後藤、矢島という
中でも足が早い人達と一緒に走ることになった安倍さん。このグループ
分けには、テレビ的にぐんぐんゴボウ抜かれされる様を撮りたいという
悪意のようなものさえ感じます(^^;; 安倍さん一生懸命首を傾けながら
走りましたが、やっぱりドベでした

総合タイムの結果ですが

 1位 矢島 16.73
 2位 有原 17.24
 3位 徳永 17.61

子供達が圧倒的に強いっす しかも3人ともグリーンアスパラチーム
里田も辻も入ってない・・時の流れか

キックベース

船小リトルシップ(宮城県の大会で優勝したチーム)
    vs 
メトロラビッツHP(フットサルやってない娘。メンと美勇伝から岡田と三好)

ここで客席を抜け出して、トイレタイム&買い物タイムへ(^^;
用を済ませて戻ろうとしたら既に20点以上の差でボロ負け中。
ぜんぜん試合として盛り上がるわけも無く(^^;

・・・小学生のみなさん、さすがに「空気を読む」事は出来なかったか
一応ハロチーム最後の攻撃の回になんとか3点返しましたが
1点入っただけで勝ったような喜びようでした
(客席はかなり盛り下がってましたのでMCが盛り上げようと必死だった)
「あと22点で同点!」とか言われてもねぇ

向こうの監督はコンサートが見たいというヲタ寄りコメントをしてましたから
きっと、最後の3点もご祝儀としてくれたに違いない(^^;

24対3で小学生圧勝

サバイバルレース


もうちょっとガチでクソ女決定戦やるのかと思ったら
何のことは無い障害物競走でした。
ラケットでピンポン玉を運ぶ第1関門
グルグルバットで10回転してから走りハシゴをくぐる第2関門
クイズの入った封筒(ハズレあり)をとって片足ケンケンで出題者まで
進み、クイズに正解する第3関門
腹筋を10回したあと麻袋に両足を入れジャンプしてゴールの第4関門

それぞれの関門のゴールに勝ち抜け出来る人数分のイスが
用意されていて、それに座れた人はそこでレース終了。
負け残った人だけが次の関門にチャレンジしていくというレースです

さっさと勝ち抜けするよりも、ある程度最後まで残った方が「オイシイ」です
本気でやって負け残ったのか、狙って最後まで残ったかはわかりませんが
2レースやって、松浦と道重が負け残り(この時点で両チーム-100ポイント)
その後決勝で風船割りゲームで道重がこの日のワースト1に。

「申し訳ない気持ちでいっぱいです」というさゆのコメントになぜか笑いが起きてた。

エンタメウォッチャーとしてはここではバラエティの適性能力を見させて頂きました。
まずはグルグルバットのリアクション・・やはり吉澤さん素晴らしいです!
あさっての方向に向かって全力疾走。
たしかこの人は数年前のグルグルバットのときはバットスイングまでして、全然
平気に走れていたハズなので完全TV向けだと思います(^^;
また、この吉澤の暴走をMC席から見逃さずにキレイにつっこんだ矢口。
バラエティのお手本のような連携プレーを見させて頂きました。
メロン大谷さんははなぜかハシゴくぐる時までずっとバットを持ち続けていたり
と比較的お姉さんなメンバー達が「笑い」をとるのに必死だった中、キッズたちは
まじめに競技に取り組んでました マイマイとかバットの後、普通に走ってた(^^;

そんなキッズ達の中でも別格のバラエティ適性を見せたのがBerryz工房の
嗣永桃子です バットを額につけて回り始めて数回ですでにぶっ倒れる
というナイスリアクション。 走り出したはいいが一歩か二歩進むたびに
転ぶというヘタレっぷり でも、ちゃんと可愛らしさも前面に押し出しつつ
これには出川哲朗もビックリです。
桃子はその後のバラマキクイズでも、かなりの面白回答でSSAの客を笑わせてました。
「時事問題です」に「え!ジジってなんですかジジってなんですか?」と慌ててみたり
「日本は円、韓国はウォン、ではアメリカは?」の問いに「ハワイ!」
・・芸人でもこんなボケ出てきません 
「お、これはわかるんじゃないかな?アニメの問題です ワンピースの主人公は?」
「え~と、アレ、なんだっけ、 あのゴムのヤツ ゴムのヤツ ・・・!」
最後に苦し紛れにキャサリンだかマチルダだか外人っぽい名前を言ってたけど
聞き取れず。  MC席のワンピースファン、矢口からは「ワンピース見ようね」と
冷静なコメント(^^; 本当に答えが分からないのか、狙ったボケなのか知りませ
んが、とりあえずなんか喋るという姿勢はバラエティ向きだと思います。
オイラがDVD編集担当ならこの部分は残しますもん
一方、問題を出された瞬間に「わかりません」と言ってしまい何のリアクションも
出来ない有原ちゃんはまだまだ素人だなぁと思ってしまいました。

まさか、本人たちも運動会ごときでバラエティ能力まで判断されるなんて
思ってないでしょうけどね(^^; どこでこういう見方をしてる人がいるか分
からないので気をつけましょう

さて、一旦切ります(^^; 

|

« ハロプロのスポフェス その1 | トップページ | スポフェスレポの途中ですが »

コメント

>tuckerさん

あ、あれってそんなに距離あったんですか(^^;
遠くから見てたからそんなに感じませんでした。
そりゃのんちゃんもキレますわな(^^;
辻は一時期ずいぶんげっそりしたので筋肉も一緒に落ちちゃったのかもしれませんね。
前回は60Mだったと思うので、距離が伸びた分後半バテちゃったかな

投稿: マニエル | 2006年3月22日 (水) 18時35分

 いちおう100m走は、各レーン1.2mずつのハンデでしたので、いちばん長くて約5m(4.8m)の差になっていたようです。
 辻ちゃんはこのルールに文句たれてましたけど、実際には走るのがずいぶんと遅くなった印象が残りました。

投稿: tucker | 2006年3月22日 (水) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/9185714

この記事へのトラックバック一覧です: ハロプロのスポフェス その2:

« ハロプロのスポフェス その1 | トップページ | スポフェスレポの途中ですが »