« スポフェスレポの途中ですが | トップページ | ハロプロのスポフェス その4 »

2006年3月21日 (火)

ハロプロのスポフェス その3

よっしゃよっしゃよっしゃ~ ということで
「Helli!Project SPORTS FESTIVAL2006 inさいたまスーパーアリーナ」
観戦記の続きナリ

1500M走

これはもう完全に紺野vs矢島の戦いでした
前回のスポフェスで、惜しくも最後の周にスパートをかけられて矢島に負
けてしまった紺野のリベンジがテーマ。 
いや、この2人の戦いは熱かった。 
最後の週2人ともペース上げましたからね、紺野も去年の矢島の
ラストスパートを覚えていたようで、絶対に追いつかれないように
矢島との距離を大きく保った状態からスパートでしたが、それでも
矢島舞美のスパートはすごかった ぐんぐん差を詰めましたからね(^^;
こんこんが逃げ切り優勝! 

途中までは美勇伝の三好が頑張ってましたが途中でバテました 
充分目立ってたし、作戦としてはアリでしょう(^^)
あと、ビリになりながらも最後まで走った桃子が暖かい拍手で迎えられてました

実は、この1500Mの最中に次の種目である跳び箱の予選も行われました
裕ちゃんの最大の見せ場?かな(^^;わざわざ1500Mの中継中断して
フィーチャーされたというのに「大きなお世話」とか言ってるし(^^;

競技に出る出ないは個人の意思なんでしょうかね?
1500M走ったあとに跳び箱選手権に出場するツワモノなメンバーもいました。

とび箱選手権

11段まで成功 後藤 石川 嗣永
12段まで成功 藤本 松浦
13段まで成功 三好
14段まで成功 吉澤

客もその時に跳ぶ選手にだけ集中すればいいので、結構盛り上がっていた
と思います。 1500Mも走っていながら、跳び箱でも上位に残ってる
桃子とか三好ってすごいと思う。とくに桃子はあんな小さい体で、自分より
大きな跳び箱跳んでましたからね、かなり目立ってました。
メロン大谷さんの豪快なとびっぷりは健在(^-^)
しかし、前回の跳び箱女王藤本を越える選手が2人も出るとは・・
よっすぃ~は前回はフットサルの準備で跳び箱に出てなかったので
事前データ無かったですが、いやはやたいしたスポーツ万能少女
っぷりを発揮して堂々の優勝

11人12脚


これが非常にしょっぱかった(笑)
テレ朝が力入れてやってる小学生の30人31脚大会とかの番組を
見たことがある人は、間違いなくあの横一列に並んだまま猛ダッシュ!!
という姿を予想していたと思います。 
ゴールにはちゃんと倒れ込んでもいいようにマットレスも用意されてあったしね
ところが、これがまるでムカデ競争並のスローペース(^^;; 
横一列にならんで肩組んで歩いてるだけです
思わぬ展開に思わずあんぐり 「地味っ!」
あまりに地味なのでMC席で矢口が爆笑してました
ちょっとだけ歩くのが早かったレッドトマトチームの勝利

フットサル1

リトルガッタスvsFANTASISTA

レッドグリーンのチーム対抗をお休みしての対外試合。
ほとんどこの後のガッタスに備えての休憩タイム(^^;みたいな状態
オイラも前半はトイレタイムに。出てるメンバーも、ろくに知らないエッグ
の子が多かったりで客も応援に身が入らない。一方ここが一番のメインである
FANTASISTAのサポーター席がもの凄い盛り上がりでした。
(向こうのファンクラブ経由でその辺の席がまとめて買えたらしいです)
ホームのはずなのに、リトルガッタスへの応援がとても少なく、MC席は盛り上げ
に必死。  結局は0-2でリトルガッタスが負けましたが、試合自体はなかなか
良かったです(後半しか見てないけどね)

フットサル2 

ガッタスブリリャンチスHPvs十条FC

本日のメインイベント。 試合前に大型モニターで過去の因縁が流され
サポーターのリベンジ気分を盛り上げる。 約二年越しの再戦となったわけですが
ガッタスもレベルアップしてる分、向こうもレベルアップしてるわけで・・・
いくらスフィアリーグ常勝チームとはいえやはり井の中の蛙、一般チームとの
実力の差を見せつけられてしまいました。 
(まぁ、ガッタスメンバーはこの試合前に跳んだり走ったりしてるんで
だいぶ疲れてる状態だと思うんですけどね)

最後に、監督から「もっとサポーターの応援が欲しかった」とキレられたように
客の応援がイマイチでした(^^;; ん~前回と何が違ったんだろう
いつものフットサルとは客席との距離感が違ったからか?
みんなライブに気持ちが行っちゃってたか?
固唾を飲むように真剣に試合を見てしまったというのもあるんでしょうけど
あれだけのハロヲタが集まっていながら、あの声援はありえないだろう・・・
というぐらい静かだったです(^^; ちょっと緊張感を煽り過ぎたか
 
公式戦をいくつかやっているうちに、ガッタスサポーターだけが知ってるお約束
みたいなのが出来ているようで、ハロプロファン=ガッタスサポーターという
図式ではなくなったのかもしれません。 正直、「へぇ、今はそんなコールがあるのか」
なんて思いながら合わせてた部分もあるし、非ガッタスのハロファンがガッタスサポの
出方を伺っていた部分もあるような気がします(^^;;
最後にひとみんが試合に出た時だけはかなり盛り上がってましたが

せめて1点でも入ればもう少し声も出たのかも知れませんけど
さいたまスーパーアリーナで最初にみた時よりは熱くなれなかったな(^^;
ま、試合内容的にも終始圧されてたような感じだったのでね。
もうちょっと一般チームに対抗できるような力を付けてから再戦希望

最後に今回の試合でガッタスを引退するメロン記念日 斎藤瞳の
引退セレモニーが行われました。 これがかなり感動的でね~
解説の矢口も泣いてました
ラストゴールなんてやるんですね(^^;誰もいないゴールにボール蹴る
だけですが、あれハズしたらかっこ悪いだろうなと思って見てました

大リレー


メインイベントのフットサルと感動のセレモニーが終わったあとだったので
「あ、まだ競技残ってたか」という感覚でした(^^;;
フットサルに出た子達はユニフォームそのままなんでどっちのチーム
なんだかわからない(^^; 2レースやったんですが、どちらも
グリーンアスパラチームが1着 途中経過でだいぶ点差がついて
負けていたレッドトマトチームはここで勝たなきゃならなかったのですが
最終結果を待つまでもなく負けが確定

100Mのタイムの上位3名を有するグリーンチームは強かった!
これはもうしょうがない(^^;

オイラは裕ちゃんが率いるレッドの応援してたんですけどね

表彰式

表彰式の準備中にメロンの曲が流れ、それに合わせて踊るメロン記念日と
それに加わる辻ちゃんがかなりウケてました (ユニフォームのままだったしね)
大型ビジョンにもちゃんと映されてました。メロンはサービス精神旺盛ですね

グリーンアスパラガス 740P
レッドトマト        510P

MVP 紺野あさ美

MIP  矢島舞美、三好絵梨香

審査員特別賞 
  斉藤、吉澤、石川、嗣永

ま、申し分ないメンツです 文句はないでしょう
それぞれちゃんと目立ってましたから
・・あれ?石川ってそんなに目立ってたっけ?(^^;

よし、ココで切ります 
残すはスッペシャルライブ

|

« スポフェスレポの途中ですが | トップページ | ハロプロのスポフェス その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/9187447

この記事へのトラックバック一覧です: ハロプロのスポフェス その3:

« スポフェスレポの途中ですが | トップページ | ハロプロのスポフェス その4 »