« 最前の神様 | トップページ | 仙台 娘。コン その2 »

2006年3月28日 (火)

仙台 娘。コン その1

どうも、すっかり絵里スマイルにやられた マニエルです(笑)

あ、誤解のないように言っておきますけど、あくまでもイチオシは中澤裕子さんですよ

亀ちゃん以外にもこのブログで、あの子がカワイイこの子がカワイイと
書いてますけど、点数でいったら85点とか90点とかそんなモンですよ(^^;
裕ちゃんは2000点ぐらいですから、その差は大きいのです

え?亀ちゃんですか 亀ちゃんはせいぜい500点ぐらいですかね~
はい、そこ!引かない!   笑うところです(笑) 

エンタメウォッチャーとしてのモーニング娘。春コンサートの感想も
書いておきます。  これから見に行く人にはネタバレになります。
見所も紹介しておきますけどね(^^)

●本日のライブ
「モーニング娘。春コンサート2006 レインボー7」

01.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~

オープニング映像なしで始まったのってずいぶん久々のような気がする
出てきた娘。達のカッコ良さに圧倒されました。
力強い曲調なのでテンションあがります
 
02.THE マンパワー!!!

仙台は、この曲は他よりもちょっとだけ盛り上がるんではないかと(^^)
楽天イーグルスの公式ソングということで去年の今ごろ街中で流れてましたから

03.Go Girl ~恋のヴィクトリー

久々にフリマネしたかな
この段階でメンバーをあちこち目で追うのに必死でした(^^;;
紺野が近くにいたような気がする

モニターでのメンバー紹介
去年の秋と違ってずいぶんさらっとしたVTRでした。
後半はいままでのシングルのジャケ映像が流れて、この後の「SEXY BOY」
の曲紹介VTRになってました

04.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~

キターーーー!! 最高に楽しいです(^^)
一応事前に練習してほぼ完璧に踊れるようになったんで、娘。達の表情
を見る余裕もありました。 会場全体が踊っている様子を見て亀井と高橋
が顔を見合わせながら「すごい!」という嬉しそうな表情をしてました

これから行く人とりあえずサビだけでも覚えて一緒に踊ってみて

05.パープルウインド


カッコ良かったです。
この曲は間奏でそれぞれのメンバーの見せ場になるダンスパートがあります
目の前で愛ちゃんが開脚からのセクシーなダンスを見せてくれました
お客さんヒューヒュー (ストリップ劇場かよ!)

MC
メンバーの個別紹介はなし
仙台盛り上がろうぜ~ぐらいの簡単な挨拶でした

06.色っぽい じれったい

間奏のところで、冒頭のセリフ担当の二人(亀井と久住)による
ペアでのフラメンコダンスがあります。(TVでは見たことないからコンサ限定ver?)
コレが超カッコ良いです!!! ダンスもそうですけど、2人の表情に注目です
マジでゾクゾクしました 亀井は可愛い系キャラという認識の方が多いと思いますが
真剣な表情の絵里はかなりカッコ良いです

07.愛あらばIt's ALL RIGHT

あまり好きな曲じゃなかったりする(^^;;
んでも、パート割りも変わっていて新鮮でした

08.友達(♀)が気に入っている男からの伝言
                吉澤/高橋/紺野/小川/新垣/藤本/田中/亀井


振り(移動)そのものがちょっとした寸劇みたいになっていて、その流れで
道重と久住が準備の為に自然に抜けます。
ココから先、担当するメンバーの組み合わせがちょっとずつ変わります。

小川とか、こういう歌のとき、むちゃくちゃ可愛いっすね
あと、高橋の表情がすごくやわらかくなったように感じました
見所は後半からみんなが座って歌うところでしょうか
仲のいい子達が雑談するような感じで歌うパートを回していきます
歌の世界観を表したすごくいい演出だと思います(^^)

寸劇
レインボーセブンという新ヒーローの名乗りをやってみよう というコント?
藤本さんのやる気のなさ加減が絶妙に良いです 
あと、れいなオシは絶対に見逃すな!特にネコちゃんキャラファンは注目

09.レインボーピンク 重ピンク(道重)/こはっピンク(久住)


してやられました!! お見事!
まだ歌唱力が不安定なこの2人(^^;;
歌で勝負するにはちと弱いこの道重と久住を使い、キャラクターで勝負
して歌わせる以上に魅力を引き出したのってすごいと思う
たぶん、道重&小春の活用方法としてコレ以上のものはないんじゃないかな?
この2人にコレをやらせようと考えた人 天才!

ぶっちゃけ、CDで初めて聴いたときはおちゃらけソングだと思ってたし
正直あまり期待もしてなかったんですけど、見事に裏切られました。
とにかく面白かったですわ 振り付けも見たことないような不思議な動きが
ふんだんに盛り込まれていて飽きません。  
参戦前はとりあえず、どんな感じになるのか一回見れれば良いやぐらい
にしか思ってなかったのですが、また見たいですもん(^^;;

滑稽な動きが多いんだけども、可愛らしさはいつも以上に出てる。 
ヘンな小動物を見てる感覚に近いかも 「三人祭」とか「ミニモニ。」にも
負けないぐらいのインパクトはあると思います。 
時代が時代ならコレでユニットデビューしても充分商売になりそう(^^;

マニエル的には春コン演目ベスト3に入れたいぐらいです

で、面白おかしい振り付けではあるんですけどね このときのさゆが妙に
カッコ良いんですよ。 もちろん表情とかそういうのじゃなくて、小春を引っ張
って自分達が任されたこのコーナーをしっかり勤め上げようという姿勢がね。
なんか感動しちゃった。  したがって、道重も小春もこの時はいっさいボード
には反応しません イントロ&曲中の小芝居も含め、エンターテインメントとして
成立していたと思います(^^) 

レインボーセブンというツアータイトルですが、きちんと今回のコンサートの中
の一つの色としての役目は充分に果たしてました。
道重株と久住株急上昇です

なんだか管理画面がやたらと重いのでここで一旦切ります
続きは明日にでも

|

« 最前の神様 | トップページ | 仙台 娘。コン その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/9300106

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台 娘。コン その1:

« 最前の神様 | トップページ | 仙台 娘。コン その2 »