« 2ショット写真 | トップページ | 上海の風 捕獲 »

2006年2月22日 (水)

大冒険

中澤裕子ファンクラブ上海ツアー 2日目 昼(フリータイム編その1)


昼食が終わったら、それぞれコースに分かれるみたいなので
上海の地図を出し、ガイドさんに現在位置を確認(^^;;

すると裕ちゃんが風を採取したあのお寺、「龍華寺」に結構近い!
昨夜ホテルで立てた予定では、時間にそんなに余裕がないので
まずMemoryのジャケ写撮影ポイント巡礼を優先して、それから
行ける時間があるようならこのお寺を目指そうということにしていたの
ですが、ここに来て両方行ける可能性が出てきました。

なぜ、龍華寺ではなくMemoryジャケ写を優先したかというと、
他のみなさんとネタが被りまくってたから(^^;  
瓶持参の人はけっこういた様だし、この日、オプショナルツアーに参加せずに
自由行動する人の7割は「龍華寺」を目指していたようで、ガイドさんへの質問
で一番多かったのが龍華寺へのアクセスだったという・・

もう、裕ちゃんヲタの間ではまさに「聖地」ですね

コレだけみんなが行きたがってるんだからオプショナルツアーに、このお寺に行く
コース入れてくれればよかったのにねぇ(^^;
どうして事前にヲタに相談してくれなかったんだか

今後、あの旅行社のオプショナルツアーには龍華寺が加えられるでしょう
「日本人は何故か龍華寺に行きたがる」という印象を与えてきましたから

で、その龍華寺とは逆に「Memory青春の光(初回版)」のジャケットが
上海で撮られた物だというのを知ってる人は意外と少なかったようで
食事の時にこの話をしても「へぇ、あれって上海なんですか」という感じ。
(知ってる人ってよほど古い時からのファンだけなのかな?)
もし、どちらか一方しか行けないのであれば、みんなが行くであろう「龍華寺」
よりはこっちの方がオイシイと思ったわけです。  
まぁ、最悪、「風」は上海ならどこでも採れるし。と(^^; 
苦渋の選択でしたけどね 

しかし、このレストランからすぐにお寺を目指せば二兎を追って二兎をも
得られるかもしれない。(※迷ったりしなければ)
そりゃ、もう興奮しましたよ~  そうと決まれば、一刻も早く向かいたい。

本来なら昼食後、オプショナルツアー組はオプショナルツアーへ
自由行動組は、バスでホテルへ戻ってから解散か、希望により新設された
免税店行行きバスにに乗るかのどれかなのですが、ホテルに戻ってる時間が
もったいないので、ここで自由行動に移らせてくださいとお願いしました。
「もちろん、ちゃんと集合時間までにはホテルに戻ります」と約束して。

一応、昨夜のうちにそういうことであれば食事後すぐに離れてもいいです
との許可は貰っていましたのであしからず(^^;
他にも何組か天竺をめざすグループはいらっしゃいました
さぁ、ここからはマニエル、サーフ、そしてこのツアーで仲良くなったHさんの
3人パーティーでの大冒険です(^^;;

ガイドさんも通訳さんも居ない状態で見知らぬ町に降り立った3人、
果たしてマニエル達の前に何が待ち受けているのでしょうか・・・・
(ドラゴンボールのナレーション風に)


ガイドさんに、どの辺までいったらタクシーが拾えるかを聞き、
(本当なら、自転車か徒歩で見つけたほうがありがたみあるんでしょうけどね)
ホテルヘ戻る添乗員さんに別れを告げ、いよいよ出発

上海のタクシーは、ボッタクリもいるから気をつけろ!
とガイドブックに書いてあったので、まずは良心的で安心だと評判のシルバー
グリーンのボディの車(命名・上海無線)を探さなきゃと思って歩き始める3人
「ガイドさんの話しだとあの辺の通りまで行けばタクシー捉まるらしいよ」
と、向こうの通りを指差したら一台の車が近づいてきた!

ワインレッドのボディで年季が入ったその車は・・タクシーでした(^^;;
(え~・・・うそ~ん、通り指差しただけやん・・ めっちゃアヤシイやんこの車・・・)
どうしようかとちょっと躊躇しましたが、今の自分たちには時間が無い!
龍華寺だけではなく、方向がまったく違う高層ビルが立ち並ぶエリアにも
行かなきゃならない。 そう、今はこの人を信用するしかない! 
この人にボク達の未来を託すしかないんだ!(笑)
乗り込みましたワインレッドのそのタクシーに・・・

いや、上海の街には、ほんとアホみたいな数のタクシーがひっきりなし
に走ってまして、タクシー拾うのはまったく苦労しません
道路走ってる車、10台ぐらい連続で全部タクシーなんてのも見ましたし
自転車よりもタクシーのが多かったりして(^^;

タクシーに乗ったら、まずは行き先を告げなきゃなりません
運転手が後部座席のオイラになんか言って来たので、前日の夜
猛練習したとおりに「ロ・・ロンホア↑スー↓」と言ってみる
運ちゃん、フンフンとうなずきハンドルを握る

通じタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

龍華寺(ロン・ホア・スー) 「りゅうかじ」というのは日本語読みで、
向こうではロンホアスーと発音しなければ通じません
一応通じなかった時のために筆談用に向こうの字(略字なので読み取りにくい)
でノートにも書いておいたのですが、ノート出す前に喋ったのが通じるかどうか
試したかったので、通じた時は超嬉しかったっす(笑)

通じたとは言っても、果たしてこの運ちゃんが正規のルートでちゃんと
我々を天竺に連れて行ってくれるとは限りません。
もう、窓の外に見える標識と手元の地図、そして、風と~る君に備え付け
の方位磁石とにらめっこしながら、車の中で検証です
ここまでされたら、運ちゃんだって遠回りとか出来ないでしょう(^^;
(やりにくかっただろうなあ、運ちゃん)
途中、高速道路に乗ったり、目指すべき方向と違う方向に行ってるような
気がしてとっても不安になりました
(もしかして、発音が通じてなくて、全然別なところに連れて行かれるんじゃ
ないだろうか?書いておいたノート見せたほうが良かったかな?とか)
いやぁ、タクシーに乗るだけのことでこんなにドキドキワクワク出来るんですね
2006_02200112 2006_02200113
    ↑車窓からの風景

「大丈夫だよ、この運転手さんいい人そうだし」と自分達を励ましながらも
車に乗ること約15分、「聖地」の最寄り駅を車窓から確認!
間違いない!もうすぐ夢にまで見た天竺です。

この上海ツアーが決定してから、絶対にここに行こうと思って
下調べすること約一ヶ月・・・  裕ちゃんが風を採る為に登った
あの塔が肉眼で確認できました。  
2006_02200114
車で入れるギリギリのところまで車を寄せてくれて、塔を指差し
「あの塔が龍華寺の塔だから、あの塔を目指して歩いていけば着くよ」
みたいな事を教えてくれる運転手さん。 
ありがとう!あんたいい人だよ アンタを信じて良かったよ(^^;
「謝謝(シエシエ)」とお礼を言って車を降り、「聖地」に向かう3人でした・・・

料金の方は30元(約450円)ということで、とっても良心的


な~んだ、上海のタクシーって 良い人じゃん!



  

|

« 2ショット写真 | トップページ | 上海の風 捕獲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大冒険:

« 2ショット写真 | トップページ | 上海の風 捕獲 »